「ホワイトナイト」
第六章

ホワイトナイト59

 ←ホワイトナイト58 →ホワイトナイト60
「私の方は、あれですけどね」        
 房子はお茶を応接セットのテーブルに並べ、事務所の一角に目を向ける。猛もつられて視線を移すと、房子の事務机には正月飾りの餅花が山のように積まれていた。
上新粉で作った白い団子と食紅で赤く染めた団子を柳の枝に数珠のように等間隔で刺して作る餅花は、新年の豊作を祈願して作る南木曽の伝統文化だ。     

「あんなにたくさん作ってどうするの?」
「ロビーに飾った餅花を見たお客様が可愛い、可愛いって褒めて下さったんです。だから、明日の朝のお膳にこれ、飾って差し上げたら、喜ばれるんじゃないかと思って」     
 房子は通常サイズの餅花と箸置き大のミニチュア版を持ってくると、ソファに腰を下ろした猛に手渡す。          
「可愛いねえ」             
 猛はミニチュア版を掌に乗せ、柔和に頬をほころばせた。

「これならお客様にも持って帰ってもらえるし。喜こばれるよ、絶対に」         
「木曽のお正月の思い出にしてもらえたらね。いいんですけど」        
 照れ臭そうにはにかみながら、房子は猛の前に腰かける。すぐに山岸も机を離れ、房子の隣に腰を下ろした。              
 忙しさと気不味さから、二人とは改めて話し合う機会も作れずにいた。         
 表面上は和やかにしていても、内心見限られているのだろうと思いこんでいただけに、拍子抜けして眉を下げる。
「山岸さんも房子さんも……。僕のこと、怒っているんじゃないんですか?」
 猛は親の叱責を恐れる子供のように首をすくめ、二人を交互に窺い見た。二人は一瞬互いの顔を見合わせたのち、苦笑いして目を伏せる。
「まあ、……怒ってないって言ったら嘘になりますけど」
 房子はいつものように率直に本心を語り、両手で持った湯呑みを手の中で揺らした。

「でも、実はあれで、結構猛さんを見直したって部分もあったんです」
「え……っ?」
「本当のことを言えば、大学卒業してすぐ親の跡を継いだだけの世間知らずのお坊っちゃんだって、猛さんを下に見ていた気持ちもあったんですよ」
「だけど、案外自分なりの信念を持って仕事してるんだってことがわかって、逆に私も安心したんです。あの社長がやってる旅館が潰れるんなら、それはもう私ら従業員の責任だろうって、房子さんとも話をして……」

 山岸もまた、はにかむように伏し目にお茶をひと口啜った。
 雷に撃たれたように身動ぎひとつできない猛に照れ臭そうに微笑みかけると、テーブルの上に湯呑みを置いた。

「彦坂旅館は潰しませんよ。私ももっと経費削減するために、帳簿をチェックしますから。あと、国内だけじゃなくて海外からの観光客をもっと木曽に誘致できないか、旅行会社や県庁とも話しをしている所なんです」                    
「私は仲居として精一杯おもてなしして、お客様に喜んで頂けるように頑張りますから」 
 二人は身を乗り出して、力強く言い切った。
 半ば惚けたように黙って耳を傾けていた猛がぎこちなく頷き、ともかく礼をと口を開いた。

 二人がそんな風に自分を受けとめ、支えようとしてくれていた。それなのに、まるで内反者のように二人をずっと警戒してきた自分が急に恥ずかしくなる。けれども言葉の代わりに涙がこみあげ、身体が芯から震え始める。        
「猛さん……」
「……ごめん。僕」
 猛は声を詰まらせて、自分の膝につっ伏した。
 この一ヵ月間の緊張や不安や焦りや悲哀が堰を切ったように溢れ出し、感謝の言葉も嗚咽に紛れる。                              
「猛さん。いいんですよ。わかってますから、私達」 
 猛の手を取り、房子が宥めるように擦って言った。そして、隣に移った山岸に堅く肩を抱かれた刹那、いっそう嗚咽が激しくなった。人の手の温み。今ここにいる人の身体の手応え。
 
 自分は決して孤立無援でないのだと、わかった途端に安堵が波涛のようにひろがって、頑なだった心を解かした。   
 たとえ陽介がこのまま戻らなくても、この人達と彦坂旅館を守っていこう。
 一緒に手を携えて、自分達の信じる道を歩いていこう。
「ありがとう。……本当に」
 最後にかろうじて感謝の気持ちを伝えた猛は、一ヵ月分の涙ごと身体を震わせ泣き咽んでいた。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ホワイトナイト58】へ  【ホワイトナイト60】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【ホワイトナイト58】へ
  • 【ホワイトナイト60】へ