「一緒にいようよ」
第一章

一緒にいようよ 3

 ←一緒にいようよ 2 →一緒にいようよ 4
まずい。サボっていると思われたのか。
咲はあからさまに不機嫌顔の剛志から慌てて離れて背を向ける。
「わかってるって。ちょっと休憩してただけだろ?」
と、崖の斜面の赤土から頭を出した山ウドに狙いを定めて登りかけた。
だが、大股で進み出てきた剛志に脇に押しやられ、
転倒しそうになりかける。

「何だよ、急に」
「いいよ、危ない。俺が採る」
 
咲は語気を強めたが、手近な枝に手を伸ばし、足場を見つけて軽々崖を登っていった。
そうして手折った山ウドを眼下の咲へ放り投げ、
一気に崖を駆け下りた。
しかし、 
「good job」
と、労うニックを威嚇するように黙って横目にしただけで、
顎で咲をしゃくって促す。  
「そろそろ帰ろうって言ってるから、咲は皆を呼んできて。
ニックはあっちに皆いるから、あっちで一緒に待っててくれ」
「OK」
 
慌ただしく指示だけ残して踵を返した剛志を見送り、咲はニックと二手に別れる。   
ニックに対する剛志の態度も気になはなったが、
一行が今回ホームステイするきっかけを作ったのもニックだった。
あのそっけなさも剛志とニックの気安さなのかもしれないと、
咲は勝手に解釈する。
 
アンジーの父親が設立し、ニックが教員を務めているのが茅葺き職人の養成学校。
同じく茅葺き職人の剛志が作ったホームページを、
ニックが見つけてコンタクトを取り、交流が始まったのだと聞いている。
英国に茅葺き職人がいること自体驚いたのだが、
英国の湖水地方などでは、今でも漆喰壁の茅葺き住宅が一般的だという。
需要は日本よりもあるそうだ。
 
そんなニックが日本の茅葺き技術の研修として養成学校の生徒を伴い、
茅葺き民家の剛志の家にやって来たのが三日前。
滞在予定は三週間だ。

滞在中は茅葺き古民家の密集地であるこの地区一帯の観光も、
スケジュールに組みこまれている。
その間、咲も彼らの炊事洗濯、観光などを援助する予定になっている。 
しかし、一人暮らしの剛志に頼まれ、気軽に承諾したものの、
心のどこかで微かに後悔しかけていた。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

エブリスタでも『天下分け目のBL合戦』企画にプラチナ文庫様『ピュアラブ』部門で連載中。
エブリスタ【君の匂いがする時は】のページは→こちらから。
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【一緒にいようよ 2】へ  【一緒にいようよ 4】へ

~ Comment ~

さく様へ

いつもコメントを下さって、ありがとうございます。
こちらこそ、
拝読させて頂きながら泣きそうになりました。

もうかなり前に掲載した作品でしたのに、
覚えていて下さっただけでも本当に嬉しいです。

私もあらすじは覚えていましたが、
改めて書き直してみると、
「あれ? こんなエピソードあったっけ」
という発見が、ちょこちょこあって楽しいです。
言われてみると、
本当にのどかで日本的な里山でのプチカオスですね。

私の他の作品にはない『メラメラ』が、
この作品には結構盛り込まれている気がして、
自分でも不思議な感じです。
なんか、そんな心境の時に書いたんでしょうね。


さく様にも今回も楽しんで読んで頂けましたら
嬉しいです。

こんばんは⭐

坂東さん、お久しぶりです。

ここ数日、風邪でダウンしていたのですが、さっき何気に開いてみたら・・

あまりの驚きに固まってしまいました!
無意識に「い、一緒に、いようよ」と声に出したとたん涙がポロポロ(;o;)
読む前から夜中にむせび泣くとは…
人が見たら、さぞ恐ろしい光景でしょう(笑)

まさか、また咲と剛志に会えるなんて夢のようです!嬉し過ぎます!!

ニックに嫉妬メラメラな剛志と、それにちっとも気付かない咲はアンジーにヤキモキ(笑)
のどかな山村に巻き起こる、このプチカオス的な展開が堪らなく面白いです!

一話一話、大切に楽しく読ませていただきますね♪
咲と剛志を復活させてくださり、ありがとうございました(*^^*)
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【一緒にいようよ 2】へ
  • 【一緒にいようよ 4】へ