「ホワイトナイト」
第四章

ホワイトナイト44

 ←ホワイトナイト43 →ホワイトナイト45
「っ……!」                           
 猛は大きく目を見張り、声にならない声をあげた。こんな時に、またこんな軟派なキスを仕掛けるなんて、いくらなんでも質が悪い。抱きしめてくる男の肩を拳を叩き、ふざけたキスに抗議する。     
「何なんですか!……ちょっと、や、め……っ」
 陽介の肩を押し戻し、かぶりを振って抗っても、煩わしげに眉根を寄せた陽介に問答無用で抱きしめられる。弓なりに反った猛の背中をいっそうきつくかき抱き、食むようにキスを深めた唇が熱をはらんで蠢いた。

「ん、っ、……んんっ」   
 猛がそれでも顔を振るたび、鼻にかかった息がもれる。陽介はもがく猛の顎を鷲掴みにして封じこめ、真上を向かせて舌まで差し込まれる。
「よ、……うす……っ!」
 口腔深く舌でまさぐり、合わせる角度を忙しなく変え、くり返される獰猛なキス。
 荒いだ息の音。
 逃げようとする猛の肩を黒塗りの塀に押しつけて、唇も舌も好き放題に貪り尽くした。

「……猛」               
 呻くように陽介が囁き、その唇が頬をたどって首まで流れる。直後に鋭い痛みをともなうほどに肌を吸い、猛の肩口に額を預けた。                  
「お前も連れて行けたらいいのにな」    
「え……っ?」                
「……って、思ってたけど。十年前にアメリカ行くとき」                 
 猛は上下に胸を喘がせながら、肩に顔を埋める男に目線を移した。陽介の背中も激しく波打ち、こもった熱を帯びていた。    


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ホワイトナイト43】へ  【ホワイトナイト45】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【ホワイトナイト43】へ
  • 【ホワイトナイト45】へ