向かい風を行く 45

 11, 2017 07:01
しかし、試し打ちで発生した爆発が、
新人に与えた動揺は想像以上だったらしい。
 
祭りの当日。
夕方から袢纒姿で神社の境内に集まってきた彼らは一様に顔を強ばらせている。
まるで暴力団の事務所にでも殴り込みに行かされる、
下っ端舎弟のようだった。
「やっぱ、目の前であんなの見ちゃうと」
と、特に、試し打ちで暴発した手筒を作った藤木は堅い声で呟いた。
 
藤木は今夜は予備で作ったもう一本を放揚する。
だが、その予備も、もちろん藤木自身の手による物だ。
事故の後に筒の太さや縄の巻きなど、
筧を始め、美貴や先輩陣が念入りに再確認し、火薬の量も調整した。
それでも万が一、竹にヒビが入っていたらと考えると、爆発の不安は払えない。

「試し打ちは柵に立ててやったけど、奉揚は筒を抱えてやるんだし……」
藤木は今にも泣き出しそうになっていた。
だが、美貴はそんな憂慮を一蹴する。
「手筒は命懸けでやるからいいんだよ! 
お前もグチグチグチグチ言ってねえで、バシッと男、上げてこい!」
丸くなった背中を叩き、美貴が喝を入れていると、
頭の後ろで小さな笑い声がした。
 
「甲斐」
「ヨシキさんは声が大きいから。どこにいるかすぐわかる」
藍の袢纒に縞の角帯、
絞りの手拭を喧嘩被りにした甲斐が蕩けるように笑んでいる。
同じ祭りの衣裳でも、甲斐が纏うと粋でイナセで男振りまで上がって見える。
美貴は思わずドギマギしながら退いた。

「お前さ、写真撮って榊原さんに送るから。ちょっとそこに立ってろ」
と、あたふたしたまま携帯を出して向け、シャッター音を響かせた。
あの噂の元凶になった自分が行けば、また甲斐が何か言われるに違いない。
だから祭りには行かないという榊原に、
せめて写真を送ってくれと頼まれたのだ。

「どうせ、お前。榊原さんが頼んでもヤダとか言ったんだろ」
「言いました」
「だからって、なんでわざわざ俺に言うかな。あの人も……」
からかってるのか挑戦なのか。
文句を言いつつ正面から顔を撮ろうとすると、レンズの向こうで甲斐が皮肉に微笑んだ。
「……じゃあ、なんでわざわざ撮ってあげてるんですか?」


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?