向かい風を行く 25

 21, 2017 07:12
なのに当の本人は、
運ばれてきたラーメンを豪快に啜り、塩唐揚げも涼しい顔で頬張った。
「ヨシキさん。ラーメンどうですか?」
「美味いよ。結構こってりしてんだな」
促されるままレンゲでスープを啜るなり、
すかさず甲斐に顔を近づけられてドキリとした。
どうやら口に合うかどうか、気にしてくれているようだ。

「うん。好きな味」
心配そうな甲斐を見て、ぐっと親指を立ててやる。
すると、目の前の不安げな顔が嬉しそうにほころんだ。
それきり甲斐も、ひたすら麺を啜っていた。
注文の品がカウンターに揃うまで、美貴は気づかずにいたのだが、
甲斐は、どうやら相当空腹だったらしい。
貪り食って食欲を満たす生き生きとした横顔を時折眺めているだけで、
自然に口元がゆるんでくる。
しかも、上品な見た目に反して甲斐は意外に大食漢で早食いだ。

「お前な。ちょっとは俺に合わせろよ。俺は猫舌なんだって」
焼き豚丼も唐揚げも瞬く間に完食した甲斐を美貴は、たしなめる。
何しろ甲斐はひと口がやたらに大きいのだ。
そういえば甲斐と一緒に飯を食うのは初めてだ。
だから、こんな事まで新鮮に感じてしまう。ワクワクする。
知れば知るほど嬉しくなる。
変な気持ちだ。
何の変哲もないラーメン屋で男二人で食欲を満たしているだけだ。
何の話もしていない。それなのに心が満ちてくる。

とはいえ甲斐に比べ、自分の丼には灼熱のラーメンが半分以上残っている。
餃子も手つかずのままだった。
食べるのが遅い美貴は人と食事をする時は、
大抵相手を待たせてしまう事になる。その間の相手の手持無沙汰な表情や、
無言の圧が苦手なのだ。
美貴が必死になって啜っていると、含み笑いが聞こえてきた。

「ヨシキさんって髪もそうだし、舌までやっぱり猫なんだ」
「うるせえなあ。俺は第一子なんだよ。しょうがねえだろ」
「そんなの関係あるんですか?」
「最初の子供は親が甘やかすだろう? 
食べ物も親がフーフーやって冷ましてからじゃないと食べさせねえから、
第一子は猫舌になるんだってさ」
「そういえば、俺は次男です」
「な? やっぱ、そうなるんだよ」
悦に入って声を大にした途端、甲斐が慈しむように眦をゆるめる。
そして、空になりかけた美貴のグラスに
冷たい水を注いでくれる。
まるで十年来の幼馴染みといるように、くつろぐ甲斐を見ていたら、
絞られるように唐突に胸が軋んで痛くなった。
 
自分といる事で甲斐が安らいでくれている。
その身を委ねられている事が誇らしくさえなっていた。
美貴は涙ぐんでしまわないよう麺を勢いよく啜り上げた。
最後は丼を持ち上げて、てスープも全部飲み干した。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?