「向かい風を行く」
第三章

向かい風を行く 24

 ←向かい風を行く 23 →向かい風を行く 25
それなら行きたい店があると、言い出したのは甲斐だった。

『あの横断歩道を渡って』
『右に行って』
『少しこのまま、まっすぐに』
『こっちを左に入ったら、すぐ』
など、ルートナビよりそっけなく甲斐に案内されながら、
美貴は黙ってついて来た。

何といっても甲斐は祖父の代から遠戚に至るまで議員だらけの
政治家一族の坊ちゃんだ。
学生の甲斐に支払いを任せるつもりはなかったが、
美貴は心持ち不安になる。
外灯もまばらで人通りもなく、寂れた路地にある知る人ぞ知る名店か。
いかにも一見さんお断り風の料理屋だったら、どうしよう。
カードは持っているけれど、今月支払いキツイしと、
戦々恐々としていたら、肩を並べる甲斐がふいに前方の看板を指さした。

「ここです」
と、店の扉に掌を向けられ、美貴は束の間ぽかんとした。
最寄駅から若干離れた裏路地で軒を連ねる飲食店のうちのひとつ。
狭い間口にかかった暖簾は真っ白で、
店名が控えめに描かれている。
年期の入ったビニール製の軒下で油まみれの換気扇が回っていて、
入口の脇に設置された黒板に手書きのメニューを覗き込むと、
やはりメインは豚骨ベースのラーメン屋だ。
この時間はビールにも合う餃子や唐揚げ、レバニラなどの
つまみ系も揃っている。

「おい甲斐」
美貴は甲斐が別の店と間違えているんじゃないのかと、
本気で疑い、声をかけた。
けれど、慣れた様子で引き戸を開け、甲斐が先に入っていった。
半信半疑で美貴も暖簾をくぐったが、外観通りの内装だ。
赤く塗られたL字型のカウンターと、白い湯気が立ち上る厨房と、
ビニール貼りのスツールが、昭和の風情を感じさせた。

「お前。こんな店、よく来んの?」
威勢のいい掛け声とともに店員にカウンター席に誘導され、
美貴は甲斐の隣に腰をかける。
グラスの水とおしぼりを置いて去った店員に聞こえないよう、
『こんな店』の一言だけは小声にした。

「よく来ます」
「一人で?」
「はい」
「もっとちゃんとした所に行けとか言われたりしねえの? 親に」
「なんでですか?」
甲斐は不思議そうに眉を上げた。
怜悧で知的な切れ長の目が少しだけ丸くなるたび、可愛らしいと思ってしまう。
「なんで……って。いいトコの坊ちゃんなんだからさ。
体裁とかも、あるだろう」
答えながらも落ち着かなくなり、美貴は視線を泳がせた。
「国会議員の息子がラーメン、食べてたらダメですか?」
「ダメっていうか、イメージっていうか」
美貴が尻をもじつかせ、語尾を濁しているうちに、店員が注文を取りに来た。

「じゃあ、お前。なに頼む?」
「ここは醤油が美味いですよ」
「なら、俺はその醤油ラーメンと餃子」
「僕も醤油と、あと、焼豚丼の小と塩唐揚げ。お願いします」
それぞれ店員に告げたあと、メニュー表を戻すなり、
美貴は隣の甲斐に身を寄せた。

「……後さあ。榊原さんには寿司ねだっといて俺にはラーメンって。
いくら何でも気ィ使いすぎ」
榊原のようなカリスマ美容師ほどの財力はないが、
せっかくなら焼肉ぐらいは連れていってやってもいいと思っていたのだ。
仮にも年上なのだから。
「違いますよ。榊原さんが寿司でいいかって言ったから、
いいですよって言ったんです」
眉を寄せて否定すると、甲斐は水を飲み干した。
「それに、ここのラーメン美味いから。ヨシキさんにも教えたかったし」
ついでのように言い足して、おしぼりで手を拭いている。
そんな殺し文句をさらりと言ってのけた本人は、
新メニューの張り紙のチェックに余念がない。
次に来た時、何にするかを迷いながらも楽しんで、瞳をキラキラさせている。
隣で美貴は腑抜けのように脱力し、額からカウンターにつっ伏した。
 
いつも死んだ貝のように黙りこくっているくせに、
口を開けば可愛いセリフを垂れ流す。
その上、少年のままの精錬さと、少女の色香を併せ持つ
イケメンだという自覚も頭にないように、美貴の鼓動を無邪気に煽り立てていた。
こいつは悪魔だ。
正真正銘のタラシだと、胸の中で罵った。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【向かい風を行く 23】へ  【向かい風を行く 25】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【向かい風を行く 23】へ
  • 【向かい風を行く 25】へ