「向かい風を行く」
第一章

向かい風を行く 4

 ←向かい風を行く 3 →向かい風を行く 5
途中でいいから来ないかと。
酒を無理に飲ませたりしないから、顔だけ見せに来ないかと。
お好み焼き屋で藤木と別れ、大人組は近くの飲み屋に移動した際、
甲斐に送信したのだが、結局その日は返信なし。
美貴は無口なだけなら許せるが、さすがにコケにされたと憤慨した。
 
だが、その翌日の昼頃に、甲斐が電話をかけてきた。
『俺、あんま携帯見ないんで。昨日はすみませんでした』
「はあ?」
『さっき確認したら、メール届いてて』
「……ああ、うん」
『すみませんでした。昨日はなんか無視したみたいになっちゃって』
平日の社会人の昼休み時間に合わせるように、
メールではなく直接電話をかけてきた。
その分、本当に申し訳なかったという甲斐の気持ちが直に美貴にも
伝わった。
「うん……。まあ、そういう事ならしょうがねえから気にすんな」
思いがけなくしおらしい声で謝られ、面食らってしまっていた。
最後に「また、よろしくお願いします」と、告げられて、美貴は鷹揚に頷いた。
通話を先に切ったのも美貴の方だった。
謝罪の電話をかけてきた側から切るのは失礼だという礼儀もきちんと
わきまえた対応だ。
このあたりは父親が国会議員だという良家の子息らしい品格と、
行き届いた躾の良さを感じさせた。
美貴は、とりあえず甲斐に悪気はなかったのだとわかっただけで安心した。

それにしても半日以上、一度も携帯を見ないだなんて信じられない。
昨日のメールを無視した言い訳なんじゃないのかと、
美貴は心のどこかで思っていた。
 
けれど、その後も二人で予定を合わせる時は、
常に美貴の都合に合わせると甲斐は言う。不定期に入るバイト以外、
「特に予定ないです」
と、あっけらかんと即答する。
一緒にいても甲斐が携帯をいじったり、電話する事もかかってくる事も滅多にない。
だから半日以上見ないというのも、あながち嘘ではないようだ。

「お前って、大学どこだっけ」
美貴は持参した古新聞紙を神社の境内の焼却炉に入れながら、
隣にいる甲斐に聞いてみた。
「俺、専門学校生です」
「あっ、……そうなんだ」
国会議員の次男坊と聞いていたせいか、
当然、名門大学の学生だろうと思い込んでしまっていた。
それでも学校に行っているのなら、それなりに交友関係ぐらいあるはずだ。
美貴は焼却炉の新聞紙に火を点ける。
「何の専門?」
「美容師です」
「へえ……。なんか意外だな。美容とか、そういうの興味あるんだ」
「そうですね」
美貴が聞くのを止めると、途端に会話が途切れてしまう。
甲斐は手筒花火用に切ってきた一メートル程の竹筒の切り口の両面を、
美貴に言われた通り、焼却炉のその火で黙々と炙っていた。
竹の断面を燻し焼くと、竹筒の断面に竹の脂が染み出てくる。
この脂を丁寧に布で拭き取って、竹筒はしばらく乾燥させなければならなかった。
竹の天然の油成分を抜く事で、防腐と防虫作用を高める為だ。
「あと、その布。手筒花火の着火剤に使うから、捨てるなよ」
「はい」
布が真っ黒になるまで竹の表面を擦り続けた甲斐に告げ、
美貴は思わずため息を吐く。
聞かれれば素直に答えてくれる。けれど、こちらが何か聞かれる事は一切ない。
手筒花火の作成に関する指示には従順に従うが、
境内に同じように今年の秋、初めて手筒花火を奉納する藤木がいても
甲斐が話しかける事はない。

相手が誰でも必要以上に関わらない。また、関わらせようとしていない。
そんな強固な意思を感じさせる言動だ。
美貴は甲斐の高い鼻梁から唇にかけての繊細な稜線が美しい横顔を、
黙って侘しく眺めていた。
 
筧だったら、元ヤンで子煩悩で親分肌。
藤木は元ボーイスカウトで社交的。
一緒に過ごす時間が長くなれば、その人柄も自然にわかるものだと思っていた。
だが、甲斐は一緒にいればいるほどむしろ、謎が深まるだけだった。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【向かい風を行く 3】へ  【向かい風を行く 5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【向かい風を行く 3】へ
  • 【向かい風を行く 5】へ