「ホワイトナイト」
第四章

ホワイトナイト35

 ←ホワイトナイト34 →ホワイトナイト36
来年二月に彦坂旅館で開催される利き酒会に合わせる形で、街道添いの様々な店が新酒を使った新商品の開発にいそしんでいた。

 そんな新酒を用いた新メニューのひとつとして、綾が考案したのは酒粕とゴルゴンゾーラのチーズパスタ。
 綾は店の二階のカフェスペースで猛と陽介にふるまうと、二人と同じテーブルについた。今日の綾はクロップド丈のジーンズに開襟シャツとニットを合わせたカジュアルな装いながら、襟元に覗くダイヤのネックレスと揺れるピアスが女性らしい艶と華を添えている。    

「……陽介さん、どう?」
 綾はごく自然に陽介の隣に腰かけて、下から彼を覗きこんだ。  
「完璧、綾さん。すげえ美味かった」
 陽介はパスタと一緒に供された焼き野菜のマリネまで、あっという間に平らげて、満足そうに親指を立てる。             「本当?」               
「ホントホント。ゴルゴンゾーラのカビの刺激を酒粕がすごくマイルドにしてる。なのに、コクと風味はしっかりあって、すごく美味しい」
 歓喜に顔を輝かせながら胸の前で手を組む綾に、陽介はにっこり微笑みかけた。

「ランチなら、セットで幾らぐらい?」   
「千円前後で考えてるけど」        
「妥当かな。いいんじゃないの? これで」  
 陽介は上着の内ポケットから煙草を取り出し、前に座る猛に水を向けてくる。

「お前は? 猛」               
「僕もおいしかったです。こういうクリーム系のパスタは意外に年配層にも受けるんで、喜ばれると思います」       
 猛の同意も得た瞬間、綾は天井をふり仰ぎ、肩で大きく息を吐き出す。       
「ああ、良かった。もう超、緊張した」   
 と、強ばらせていた両頬を両手で叩いて破顔した。そうしていそいそ席を立ち、猛と陽介に食後のコーヒーを出してくれる。 

「ベーカリーの瀬田さんから、陽介さんのチェックってすごく厳しいって聞いてたし。泣かされたらどうしようかと思ってたけど」
 再び席についた綾が横目で陽介を一瞥すると、陽介は胡散臭げに眉根を寄せる。
「綾さんが俺に嫌味言われたぐらいで泣くわけねえじゃん」
「影でひとりで泣くタイプなの」      
「ありえねえ。絶対三倍返しで言い返すタイプ」   
 二人は気の置けない様子で軽口をたたき、屈託なく背中や肩に触れ合った。   
 自分の前では眉間に常に皺を寄せ、人を見下す陽介が、くつろいだように談笑しながら煙草をゆったりふかしている。そんな陽介を見せつけられると切なくなるのは、子供の頃にも感じたような独占欲の延長みたいなものなのだろうか。   

 甘く眦を蕩けさせた陽介も、そんな彼に目を細めている綾の姿も視界から閉め出し、猛は伏し目にコーヒーをすする。
 このまま自分がこうしているのも不粋な気がして、席を立つタイミングを測っていると、思いがけない人物がカフェの引き戸をおずおず開けた。
「すみません。……お話の最中に」     
 一人で戸口に現れたのは、彦坂旅館の女中頭の房子だった。房子は訝しそうに顔を向ける陽介と綾にそれぞれ深く頭を下げる。                         


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ホワイトナイト34】へ  【ホワイトナイト36】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【ホワイトナイト34】へ
  • 【ホワイトナイト36】へ