「咲かない桜の桜守」
第二章

咲かない桜の桜守 10

 ←咲かない桜の桜守 9 →咲かない桜の桜守 11
羽太は声をかけようと、必死に言葉を探したが、
気持ちばかりが先に立ち、頭の中は空っぽだ。心臓が痛くなるほど拍動し、
息が苦しくなってくる。
いっそ作業の邪魔をしないよう庭を去り、
朝食の用意をした方が松田のために、なるのかも。
昨夜感じた弾んだ気分の萎えてしまい、羽太はそっと庭から縁に戻りかけた。
とはいえ、さっきからやけにあの枝垂れ桜を気にする松田が
不審にも奇妙にも思えてくる。

「その桜は庭の中にありますし。その桜まで被害にあってる事はないですよね?」
羽太は思わず振り返り、縋るように問いかけた。
「ああ、それはないから大丈夫だ。そうじゃなくて、もしこの桜が健康で元気なら、
平家桜に根付ぎしようと思っただけだ」
答えた松田の口調はケロリとしていて、明るかった。
作業の手を止め、頭を上げ、羽太の不安を払拭しようとするように
僅かに顔を和らげた。
「……そうですか。よかった」
凍えるような朝の冷気に晒されて、松田の息も羽太の息も白かった。
それなのに、松田は額に浮いた汗の粒を首にかけたタオルで拭いている。

もしかしたら小泉の話でむっとしたのは一瞬で、
その後はただ、作業に没頭していただけだったのかもしれないと、羽太は二重の意味でほっとした。
松田は機嫌を損ねてなんかいなかった。
それなのに勝手に無視されていると早合点して一人で焦った自分が更に気恥ずかしくなる。
何だか松田の一挙手一投足に必要以上に反応し過ぎている。
自分も小泉のように平家桜が思いがけなく犯罪被害に合ったせいで、
いろいろ過敏になっているのなら、意識して冷静にならないと。

「三浦?」
庭の枝垂れ桜の無事を松田に訊ねたきり、考え込んでしまった羽太を松田が
訝るような声を出した。
「あっ……、すみません」
そういえば、根付ぎがどうとか言っていたはずだった。
「平家桜に、……根付きですか?」
邪魔してはいけないと思いつつ、やはり足が松田の方を向いてしまう。
羽太は外塀の際に立つ松田と、母屋の縁側の真ん中辺りで立ったまま、
上目使いに聞き返した。

「平家桜の弱った根に、健康なこの桜の根を移植する。根付ぎは病気にかかった樹の
治療法のひとつだ」
「そんな事ができるんですか?」
「できる。それに、この桜は平家桜の実生みしょうくだろう?」
「実生?」
「平家桜の種から発芽させて苗にして、植樹して育てた樹だろうって意味だ」
「ええ、はい。そうです。それは祖母が平家桜の種を拾って育てた形見の桜なんですよ」
羽太は答えながら驚愕した。この家の庭には他にも数本枝垂れ桜が植わっていて、
どれも見た目に違いがあるとは思えない。
それなのに、その中から松田はこの桜だけが平家桜の子孫だと見抜いていた。

「……どうして、わかったんですか? そんな事」
「そりゃあ、枝の張り方とか蕾の色とか見ればわかる。人間と一緒で親子なら樹だって
似るんだ」
と、松田は事もなげに言ってのけた。

「同じ種類なら根付ぎはできる。だけど、これが平家桜の実生なら、もっとありがたい。
移植するなら種類が近いほど成功率も上がるんだ。それに、まだ樹も若いし、力もある」
冬晴れの青空に清々と枝を広げる若木の幹を松田が指先だけで撫で下ろした。
桜を見上げる眼差しも熱を帯び、端正な横顔が思いがけなく艶めいた。
「なんだか、本当に人間みたいに言うんですね……」
それは、まるで若い女の柔肌を愛でる男の手つきのようだった。
羽太は魅入られたように呟いた。言葉が勝手にこぼれていた。

「桜守にしたら、女は桜みたいなもんだからな」
からかうようにうそぶいて、松田は口端を横に引くようにして微笑んだ。
淫靡に双眸を眇めさせ、見せつけるように幹に触れた長い指。唇だけで微笑した松田の色香は
散り際の桜の刹那を思わせた。
羽太の鼓動が刻一刻と逸り出し、瞬きすらも惜しくなる。
咲き誇る圧巻の桜に人が声を失くすように、潔く散り乱れる花びらにも胸をやつすように、
羽太は松田に惹き込まれた。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説


ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【咲かない桜の桜守 9】へ  【咲かない桜の桜守 11】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【咲かない桜の桜守 9】へ
  • 【咲かない桜の桜守 11】へ