「死か降伏か」
第一章 OBEY

死か降伏か 9

 ←死か降伏か 8 →2016年と、これからと
「どうか、お願い致します。蔦屋は私が兄とも師とも慕う者。
本間様の御力で、私も共にお連れ下さい」
「しかし、たとえ久藤様にご同行願っても、蔦屋の詮議は行わなければなりません。
(注1)御触おふれにより、蔦屋を処罰せざるを得ない場合もあるのですよ?」
「もちろんです。あくまで御上の詮議に従う所存でございます」

なだめすかそうとする本間の言葉に被せるように、少年がすかさず言い返した。
やがて本間も根負けしたのか、肩で深い息を吐いた。

「……仕方がございません。あなた様が、そこまでおっしゃるのでしたなら」
「やめろ! 佑輔に何の関係がある……っ!」

しかし、千尋という名の蔦屋の方が、与力に向かって金切声を張りあげた。
直後に下引き達に押さえこまれ、ぬかるむ路地に無理やり膝を付かされた。
そうして息を喘がせる千尋を眺めながら傲然と、
久藤佑輔くどうゆうすけという少年は、ぬるい笑みを浮かべ告げる。

「関係がないとは言わせませんよ。千尋さん」
「……どういう意味だ?」
「あなたと私は、関係があるんです」

有無を言わさぬ強い口調で言い切って、愛しむように双眸を細める。 

「……寝ぼけたことを言ってんじゃねえ。いつから俺が、お前の身内になったんだ」

御三家の水戸藩附家老ふかろう久藤家の若殿様と、
ただの呉服屋。
本来ならば同席はもとより、話ができる相手ですらない。
苦々しげに吐き捨てる千尋を鼻で笑い、
佑輔はむかるんだ路地に端坐たんざさせられ
後ろ手に縛られた千尋の正面に進み出た。
 
と同時に、千尋にかけた縄を引く下引き達が気圧されるように後ずさり、
佑輔と千尋を遠巻きにして息を呑む。

「千尋さんの縄を今すぐ外せ」
 
佑輔は十手を持った男達に、当然のように下知をした。

下引き達が恐る恐る目顔で本間に伺いをたてた。
すると、本間は顎でしゃくって無言で「言う通りにしろ」と、指示をする。
町人の蔦屋を解放するのは癪に障って忌々しい。
しかし、水戸藩附家老ふかろうの若殿様の命とあれば
従わざるを得なかった。
やがて千尋は捕縛を解かれ、佑輔の前に肩を突かれて投げ出された。
千尋はたたらを踏んでよろめいて、佑輔の胸に受け止められる。

「……大丈夫ですか? 千尋さん」
 
縄目の跡が赤く残った手首をさする千尋の肩に腕を回し、
佑輔は気遣わしげに眉を寄せた。

「千尋さんにこんなにきつく縄をしたのは誰だ、一体」
 
佑輔は十手を持った役人達をぐるりと見渡し、切れ長の目で威嚇した。本間も与力も下引き達も
ギクリと肩を波打たせたが、千尋が声高に叱りつけた。

「もう、よせ。佑輔! お前は出張りすぎなんだ!」
「千尋さん」
「本間の旦那も、さっさと俺をしょっぴいてくれ」

腹立たしげに踵を返した千尋の後を、一瞬しょげて眉を下げた仔犬のような佑輔が
慌てて追って走り出す。そんな二人に同心の本間と与力と下引き達が続くという
一種異様な光景を、沖田はなす術もなく見つめていた。


(注1))御触おふれ
町人に対する法律




にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【死か降伏か 8】へ  【2016年と、これからと】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【死か降伏か 8】へ
  • 【2016年と、これからと】へ