「死か降伏か」
第一章 OBEY

死か降伏か 7

 ←死か降伏か 6 →死か降伏か 8
その意味不明な彼の言葉は、沖田の耳にも甘美で妖しい響きをもった
不思議な声音で伝わった。
静まりかえった店先では、藍の地に屋号を白抜きにした暖簾が風に旗めいた。

「Dont’ let me say the same thing(これ以上同じことを言わせるな)!」 

語気を強め、前髪の少年を咎める蔦屋の円らな瞳が怒りに燃え立ち、
色白の頬が引きつった。
ほどなく、佑輔という少年は可憐な仕草で唇を噛み、
掲げた忌々しげに刀を振り下ろす。

刀を鞘に収めた彼は思いのほかに長身で、肩幅も広く胸も厚い。
脚が優れて長いせいか、異人のように見栄えが良い。
小さい頭に濡れたような黒い前髪。
豊かな髪をひとくくりにした総髪の髷。品の良い瓜実顔に、切れ長の目と一文字の眉。
濃い紅をひいたような赤い唇。
長脇差の若い男も美男子だが、
この少年には、ぞくりと肌が粟立つほどの艶がある。


そうしてどれほど呆けていたのか、いつのまにか鼠色の雲が夏の空を覆い尽くし、
生温かい雨風が少年の前髪を、はかなく揺ら始めていた。

やがて厚い雲から大粒の雨が滴り落ちると、往来を埋めつくしていた野次馬も
左右の軒へはけて行く。
人気ひとけの失せた蔦屋の土間のあちらこちらに横たわる隊士の上にも飛沫ひまつがさし、
路地に赤い河が流れていた。



それから程なく、番傘をさした京都町奉行の与力よりきの男が部下の同心どうしんを引きを連れて、
悠長に歩いてやって来た。

「なんだ。もう、済んだのか」

と、失笑し、店の周囲を見渡した。

「蔦屋。これは全部お前の仕業か?」
「ご覧の通りですよ。壬生浪士組の芹沢鴨にゆすられて、追い返したらこのざまです」
 
蔦屋だという若い男は横一文字に血振りを行い、刀を収める。
その無駄のない動きは人を斬りなれた刺客のそれだ。
沖田は隊士の肩を借りながら、諫めるように彼に告げた。

「剣は何流をお使いになる」
「何です? 急に。私の剣は、ただの見よう見まねの素人です。何流でもありません」
 
顔を強ばらせている沖田を蔦屋は苦笑しながらそつなくいなし、
土間に倒れた長着ながぎの男の元へ走り去る。

「大丈夫ですか? 花村さん」
「だ、……旦那様」
 
蔦屋に抱き起こされた花村が薄目を開け、事の顛末を確認しようとする為か
ふらつく頭を巡らせる。
それを片手で制しながら、蔦屋が彼に耳打ちした。

「後を頼みます。花村さん」
「旦那様……?」
「早ければ今夜中、どんなに遅くても明後日までには帰れるはず。
ですから、それまでは店と佑輔を……」

どういう意味だと瞠目している花村に目顔で強く念を押し、
蔦屋は同心の捕縛を素直に受けた。
その時、ようやく沖田は我に返り、京都町奉行の与力の前に進み出る。




にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【死か降伏か 6】へ  【死か降伏か 8】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【死か降伏か 6】へ
  • 【死か降伏か 8】へ