「死か降伏か」
第一章 OBEY

死か降伏か 6

 ←死か降伏か 5 →死か降伏か 7
「うっ、くっ、……」

沖田は額の前で刀を支えて唸り出した。
渾身こんしんの力で柄を握る沖田の腕が震え出し、仰け反った半身が
さらに九の字に折れ曲がる。
沖田の刀に十字に刀を当てた男の長い前髪が
沖田の額に触れていた。

まるで鉛のように重い剣。

相手の刀をこれほど重いと感じたことは一度もない。
逆光になっている相手の人相まではわからない。だが、なぜ前髪の子供の剣がこんなにと、
沖田は奥歯を食いしばる。

そうして戦慄く沖田に彼は刻一刻と、容赦なく刀を寄せてくる。
このまま頭を割られるのか。
沖田の脳裏を死の一文字が見え隠れした時だった。

佑輔ゆうすけ、やめろ!」

先刻まで鍔競り合いを交わしていた若い男が沖田の前に割って入って、
前髪の剣を脇差の切っ先で右に跳ね上げた。
そして直後に返す刀で胴を打たれ、沖田はがくんと膝をつく。 

「He is an exception!」 

男は沖田をかばい立った。
しかし、少年は彼を突き飛ばし、沖田に向かって再び切っ先を向けて身構える。 

「佑輔!」
「Why is it (なぜです)!」 
「Shut up(うるさい)!you do not need to know it(お前の知ったことか)!」
「He injured you(奴は、あなたに怪我をさせた)!I do not forgive him(私は絶対に許さない)!」

要所要所で異国語を使い、
二人は沖田には理解不能な言い争いを続けていた。

「It is an order(いいから、やめろと言ったら、やめるんだ)!」

やがて年上の方が痺れをきらしたかのように、前髪の少年を怒鳴りつけた。
すると、彼は一瞬怯んだ顔をしたものの、程なく微かに失笑し、
したり顔で頷いた。

「So、……I see(なるほど。わかりました)」

薄い笑みを浮かべたまま、少年が沖田を振り返る。

「I can’t do that(それなら『言う通り』には、できません)」

あらためて大刀を上段に構え、無邪気なまでに澄んだ目で人を殺めようとする。
沖田は右手に刀を握ったまま、少年の魔力に魅入られたように
身じろぐこともできずにいた。
と、その時、店の外まで突き飛ばされた若い男が、
佑輔という少年を上目使いに睨み据え、ゆったりと起き上がりながら呟いた。
「Obey、dear……」




にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【死か降伏か 5】へ  【死か降伏か 7】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【死か降伏か 5】へ
  • 【死か降伏か 7】へ