「死か降伏か」
第一章 OBEY

死か降伏か 5

 ←死か降伏か 4 →死か降伏か 6
若い男の白く細いうなじには、汗濡れた黒髪が艶めかしく張りついて、
微かな刀傷から鮮血が薄く筋を引いている。
沖田は男の着物の懐を探り、ピストールを抜き取った。
しかも、それは銃身や引き金に、金の塗りがほどこされ、
工芸品かと見紛みまごうほど豪華な造りの洋銃だ。

「……油断のならない御人のようだ」

渋面を浮かべた沖田を男は忌々しげに睨みつけた。

江戸や京の豪商にも、洋燈や洋靴と同じように洋銃を、己の財力を誇示するために
買いつけて、愛でる者も多くいる。
だが、この若い男が懐に忍ばせていた洋銃は、第二の武器だ。
金持ち達の単なる『お飾り』。玩具ではなく、人を殺めるための道具だった。

沖田は薄暗い店の土間へ目を向けた。

遺体となった同志達は、袈裟がけや胴払いなどのひと振りで絶命し、
もうピクリとも動かない。
長脇差一本で、これだけの人数に致命傷を負わせた男が、
単なる見栄や飾りで洋銃を隠し持つとは思えない。
開眼したまま果てた同志の目蓋を指先でそっと覆いながら、沖田は呻くようにひとりごちる。

「本当に、この人数を町人が……?」

彼らは全員、剣の腕を買われて入隊をした猛者なのだ。
にわかには信じられない光景だ。

「立ちなさい」

沖田は暗澹あんたんとした面持ちで、若い男に命令した。

何はともあれ男を屯所とんしょに連れ帰り、詮議せんぎをかねて身元を洗う必要がある。
沖田は男の腕を掴み上げた。

すると、沖田は再び驚いて息を呑み、男の顔を凝視する。
沖田の掌に伝わったのは、か細い骨と、心もとない柔らかな肉の感触だ。
まるで子供のようだった。
剣豪どころか、これは男の腕ですらない。

「あなたは一体……」

愕然として男の顔を見つめたが、
ふいに背後で日が翳り、あらためてまた焼けるように暑くなる。
沖田を見上げた男の目も、沖田の後ろの人影を追い、ゆっくり左から右へ移動した。
瞬時に沖田が振り向くと、

「Do not murder him!」 

若い男は沖田の背後の人影に向けて、耳慣れない呪文のような声を発しながら、
制するように腰を上げた。

しかし、気づいた時には沖田の左右の隊士達が声もたてずに昏倒し、
死体が斜めに重なった。
沖田は振り下ろされた大刀だいとうを、咄嗟に抜き身で受け止めて、
かろうじてその場に留まった。
けれど、斜めにかしいだ身体ごと、あっという間に店の外まで押し出された。

摩擦で一瞬、草鞋の底が火がついたように熱くなる。
沖田のかかとが乾いた路地にわだちを作り、
土埃を白く舞い上げた。




にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【死か降伏か 4】へ  【死か降伏か 6】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【死か降伏か 4】へ
  • 【死か降伏か 6】へ