「死か降伏か」
第一章 OBEY

死か降伏か 1

 ←【 死か降伏か 】あらすじ →死か降伏か 2
嘉永6年(1853年)。

伊豆の下田にペリー率いる連合艦隊が来航し、圧倒的な軍事力の前に開国を余儀なくされた
徳川幕府は、急速にその権威を失墜させた。

以来、倒幕をもくろむ尊王攘夷そんのうじょうい派藩士による暗殺騒ぎが横行し、
京の都は野戦場と化していた。


そんな無頼ぶらいやからを制圧するため、京都守護職の会津藩が文久3年(1863年)。
幕臣警護の名目で、壬生浪士組みぶろうしぐみを「御預り」として徴用した。

腕さえ立てば、罪人だろうと農民だろうと召し抱える。
その貧しい身なりと出自から、都人には『みぼろ(身ボロ)』と揶揄やゆされ、
『壬生の狼』と畏怖された。

それが新撰組の前身だ。

そして、壬生浪士組の筆頭局長芹沢鴨せりざわかもは結成当初から良くも悪くも
名を馳せることとなる。



その日も芹沢は壬生の屯所とんしょで朝から酒をあおっていた。

会津藩御預りの身とはいえ、与えられた職務もなければ給金の支給も何もない。
期待した将軍警護は名ばかりで、
要は、浪人雑人ろうにんぞうにんの厄介者がひとまとめに檻に入れられ、首に縄をつけられて、
飼い殺しにされているようなものだった。

その屈辱と鬱屈は、壬生浪士組筆頭局長の芹沢が組の中で誰よりも身にしみて感じていた。


これといって命じられた役目もなく、
暇をもて余していた芹沢は、直属の部下と共に巡回と称して京の都をねり歩き、
一軒の商家の軒先にしつらえられた床几しょうぎに、ゆっくりと腰かける。
格子窓に掛けられた日除け幕には、
藍の地に『呉服蔦屋ごふくつたや』の店名が白く染め抜きされている。


「それにしても、この蔦屋とかいう呉服屋は、やけに地味な造りだな」

湿度の高い盆地の盛夏に辟易しながら『単衣ひとえの襟をだらしなく広げ、
脇や首に扇子で風を送り込む。
吹き出す汗が太鼓腹を玉のように流れ落ちた。

興味をそそられた芹沢は腰を上げ、軒先から土間へと移動する。
土間のひやりとした冷たさを心地よく感じつつ、泥酔した目で店内を物色した。
都人は家に凝ると聞いていたが、繊細な彫の欄間らんまもなければ
金屏風のひとつも見当たらない。
黒光りする天井のはりも剥き出しで、柱がやけに多かった。

土間の奥には畳の間があり、その壁際に桐の箪笥たんすも置かれてはいるが、
手前に山積みされているのは木綿やかすりなど
安価な反物ばかりに見える。

店子から芹沢来訪の報せを受けた番頭の花村はなむらは、
店の奥から出て来ると、
接客をする畳の間に膝をついた。

「お勤め、ご苦労様でございます。手前が番頭の花村でございます。
本日は、どういったご用向きでございましたでしょうか」

と、にこやかに、かつ慇懃はなむらに芹沢に申し出る。
芹沢の背後では、壬生浪士組の隊員が睨みを効かせて控えていた。 
「なに、造作もない。蔦屋が幕臣を闇討ちにした長州藩士をかくまったとの報が入ったものでな。
事の真偽を確かめに来た」
芹沢は、出まかせの検閲理由を口にした。
肉の層が段になった首筋を忙しなく扇であおぎつつ、三十前後の細面の花村を
上目使いに盗み見る。

薄鼠うすねず長着ながぎに、花菱柄はなびしがらの地模様の黒帯を締めた、
呉服屋の番頭らしい瀟洒しょうしゃで控えめな装いだ。 

「これは、また」

花村は大げさに慄いて見せたのち、むせて咳き込む振りをして、
肩越しに女中に囁きかける。
「……久藤くどうさんを呼んで来い」




にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ 3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
総もくじ  3kaku_s_L.png 一緒にいようよ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【【 死か降伏か 】あらすじ】へ  【死か降伏か 2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【【 死か降伏か 】あらすじ】へ
  • 【死か降伏か 2】へ