未分類

一次創作の物書きさんに100の質問

 ←電子書籍二冊目発売されました。 →電子書籍配信スタート!
タイトルの『一次創作の物書きさんに100の質問』表は、ブログ村のBL小説カテゴリに参加されている恋三昧様のサイトからお借りしたアンケートです。
質問に答えながら、年の始めに自分の創作スタイルってどんな感じなのかなあと、ちょっと確認してみようと思っています。
おふざけなしに回答しようと思っていますので、読まれる方は面白くもなんともないかもしれません。
ご了承下さいませ。
では。

**********************************************************


1. 主な創作のジャンルは何ですか?(恋愛、SF、ファンタジー、推理、ホラー、冒険…など)

オリジナルBL小説と、現代小説をちょっとだけ。

2. どのような雰囲気の作品が多いですか?(シリアス、コメディ、ダーク…など)
 
シリアスタッチだと、自分では思っているのですが。

3. 表現媒体は何ですか?(ブログ、サイト、同人誌…など)

ブログです。
同人誌も作ってみたいんですが、事務作業が苦手なので、やりたくてもできない。

4. 創作するのに得意な(好きな)ジャンルや舞台設定は何ですか? そのジャンルや舞台設定は、読むことにおいても好きですか?

明治大正昭和初期、戦後直後ぐらいまで。
その時代の小説が好きなので、自分の文体も自分で書く小説の雰囲気も自然にそれに近い感じになってしまいます。
(BL以外の)現代小説はまず読みません。
だったら、最初からその時代設定で書こうと思い、書き始めたのがきっかけです。

5. 創作するのに苦手な(嫌いな)ジャンルや舞台設定は何ですか? そのジャンルや舞台設定は、読むことにおいても苦手(嫌い)ですか?

高校生などの学園もの。
読むのは大好きです。でも、自分ではリアルに書けないことがわかっているので手をつけません。

6. 好きだけれどうまく書けないジャンルや舞台設定はありますか?

まさに学園もの。
高校生×高校生とか、SF書くのに近いです。

7. 作品は長編、短編、掌編など、どれが多いですか? また、どれが書きやすいですか?(何を以て長編・短編とするかの判断はお任せします。)

短編~中編ぐらいが書きやすいです。
長編は、書いてるうちに自分でその設定や登場人物たちに飽きてしまう。

8. 番外編や後日談を作成することはありますか? また、続編を書いたり、シリーズ化したりしている作品はありますか?

番外編はまだ一度も書いたことがありません。
続編はこの間、シリーズとして書かせていただいた電子書籍が初めてです。
その物語にエンドマークをつけた時、私の中でその物語が終わってしまうんです。だからなのかなと。
書いてみたい気持ちはあるのですが・・・。

9. まったくの新作(既存作品の続編やシリーズではない作品)を作成する際の、手順を教えてください。ネタやテーマ、キャラ設定、 舞台設定、ストーリー(あらすじ)などを、どのような順番で作成しますか?

1 書きたくなったキャラ・または受と攻の関係性
 (主従逆転とか、潔癖症攻にずぼら受をぶつけてやろうとか)
2 そのキャラや関係性を生かしやすい設定を考える
  (上記の二人なら会社の上司と部下で、どんなに嫌でも一緒に何かしないといけないとか)
3 その二人がその舞台設定に放り込まれたら、やらかしそうなことをエピソードにする
4 最初に作品に何らかのテーマを設けて書いたことがないんです。
  今でも「作品のテーマって何?」って思っていて、大抵後づけになってしまいます。

10. 既存作品の続編やシリーズを作成する際は、新作を作成する場合と手順は異なりますか? 異なる場合は、その手順を教えてください。

続編を書かないので明言できませんが、たぶん新作と同じ手順になると思います。
ただ、前作とはキャラのタイプやストーリーの系統が被らないように、
気をつけるかな。

11. 作品のネタ(キャラでもシーンでも、創作のちょっとした切っ掛けとなるもの)はどのようなときに思い付きますか?

なぜか部屋の掃除をしているときが多いかも。

12. ネタが出ないときはどうしますか?

書きながらネタにつまって筆が止まるということは、ストーリー展開に無理があるとか、
それぞれのキャラらしくない言動をとらせたとか、
その物語自身がストライキを始めたサインだと思っているので、
どこでストーリーの軸がずれ始めたのかを検証する。
ずれを見つけて軌道修正すると、また自然に話が動き始める気がします。
 
「新作ネタ」という意味では、どうなんでしょう。
テレビのドキュメンタリー番組からきっかけを得ることが多いかも。

13. これまでに作成したキャラは、主に人間ですか? それとも、人外や動物がメインですか? また、日本人と外国人のどちらが多いですか?(人間以外のキャラの場合は、その外見や名前などが、日本人と外国人のどちらに近いか教えてください。)

人間オンリーです。

14. これまでに作成したキャラは、どういった年齢層が多いですか? 偏っていますか? 幅広い年代のキャラが登場しますか? その理由も教えてください。

20歳前後から30代ぐらいが多いです。
想像しやすいからでしょうか。

15. これまでに作成したキャラは、男・女・Xジェンダーのどれが多いですか? どれかに偏っていますか? 大体同じくらい? その理由も教えてください。

7対3ぐらいで男性:女性です。
BLでは男性キャラしか登場させない方がいいとも言われますが、
女性が登場しない世界観に私が無理を感じてしまいます。
ですので、目障りにならない程度には女性もを、考えています。

16. 主役やメインキャラの人種や性別、年齢等はどのように決めますか? また、どのような傾向がありますか?

受は20歳前後が多いです。
少年でもなく青年とも言い切れない危うさに惹かれるのかも。

17. 主役やメインキャラに限らず、登場するキャラ全般において、年齢や性別だけでなく、性格なども含めて特徴に傾向はありますか?

受は意地っ張りで負けず嫌いの傾向が・・・・。
受の性格が素直すぎると、葛藤が生まれない気がします。

18. キャラを作成する際、最初に考えるのは何ですか? 名前? 性格? 外見? それ以外?

性格→容姿→成育歴→最後に名前
名前はそのキャラの総括として考えます。

19. キャラの名前は、割とよくある一般的なもの、今どきのキラキラネーム、キラキラネームも通り越した奇抜なもの(読み方・当て字)など、どのようなタイプが多いですか?

わりとよくある一般的な名前がいいです。
私はキラキラネームにはキャラのリアリティを感じることができません。

20. キャラの名前はどのように考えますか?
【日本人キャラの場合】
 響きと漢字のどちらから決めますか? それともそれ以外から? 有名人や他作品のキャラ名などを参考にしますか? それ以外にもこだわりの名付け方法があったら教えてください。
【日本人でないキャラの場合】
 何か文献等を参考にしますか? それとも自分の頭の中だけで考える? 実在する国の人の場合、その国にあり得る名前を付けますか? それ以外にもこだわりの名付け方法があったら教えてください。


名前は【音(おん)】の響きをいちばんに考えます。
発音してみてしっくりくるかどうか。文字は読む人の中で「音」に転換されて読まれますし。
その後で字体の雰囲気。
目で見て、その漢字のイメージがキャラにしっくりくるかどうか。
ただ、投稿作だと枚数制限がありますので、少しでも字数を減らしたいがために、
一文字の名前になる確率が高いです。

外国人キャラの場合、ネットでそのキャラの出身国の一般的な名前を検索して
イメージに合う名前をチョイスします。

21. キャラの名前は最初からフルネームで考えますか?
 
受は名前から、攻めは名字から。
私の作品の中では、受は名前で呼ばれることが多く、
攻めは名字で呼ばれることが多いので。
最近気がついたんですが、攻の名字に『島(嶋)』使用率高っ!!
たぶん、響きも漢字の姿も好みなんだと思います。(島田とか、辻島とか、大島とか)

22. 作中で、キャラ同士は互いの名前をどのように呼び合うことが多いですか?(呼び捨て、くん・ちゃん付け、あだ名、○○先輩…など)

圧倒的に名字か名前の呼び捨てです。
~さん、~様呼びも好みなんですが、そういった呼び方になるような設定で
書くことが少ないかも。

23. 作中で、他キャラからあだ名で呼ばれるキャラがいる場合、どのようにあだ名を考えますか?

あだな!考えたことがない!

24. キャラの性格は、お話を書き始める前に詳細まできちんと決めますか? それとも、後付けするのを前提に、あまり細かく決めずに書き始めますか? その理由も教えてください

最初に決めます。
でも、書き進めていくうちに見えてくる部分もあったりします。

25. どのような性格のキャラが書きやすいですか? また、書きにくいのはどのような性格のキャラですか? それぞれ、理由も教えてください。

意地っぱりの負けず嫌い。
私がそうだからです。
書きにくいのは素直で可愛いらしい天然系。
そうなりたくてもなれないからです。

26. 自分の気に入らない性格のキャラでも作成しますか? その場合、そのキャラを嫌にならずに書き続けることが出来ますか?

嫌いなキャラを書くのは平気です。
実際に自分が大嫌いな人を脳裏に描き、その人の言動をありありと描写します。
もともと嫌いなので途中で嫌になるということもなく
完全に突き放して書けます。

27. 作品数が増えるにつれキャラ数も増えると思いますが、そのときに、性格の被るキャラが出来たことはありませんか? ある場合、どのように対処しますか? または、性格の被るキャラが出来ないよう気を付けていますか?

大被りです。
自分の引き出しの少なさを痛感しています。

28. 作品が長くなったとき(長編でも、短編が何作も続くシリーズでも)、キャラの性格が当初と変わってしまった(成長などにより性格が変化していく・事件等により性格が変わってしまう…など、作者の意図した変化でなく、いつの間にか違う雰囲気のキャラになっていた)ことはありますか? ある場合、どのように対処しますか?

あります。
つじつま合わせをしようとする方が無理があるように思うので、
長編だったらそのままにします。
人は何かを経験するたびに変わっていくんです。それでいいんじゃないでしょうか。

29. キャラの外見(顔つき、体つき、髪型、ファッションなど)は、どの程度まで考えますか? 実際にお話を書く上では関係しない設定まで考えますか? その理由も教えてください。

外見は結構細かく考えます。
頭の中で表情だったり動作だったりを思い浮かべて書く時に、
(Hシーンでもない限り)キャラが素っ裸ってことはありません。
だったら、何か着てるはず。
じゃあ、今は何着てるの?髪型は?・・・って、その都度なります。

30. キャラの外見は、お話を書き始める前に考えておきますか? 書き始めてから付け足していきますか? その理由も教えてください。

考えます。
キャラの外見の印象と言動が一致するように気をつけないとと思っているので。
(できているかどうかは別としてですが)

31. キャラの外見について、作品の中でどの程度描写しますか? ストーリーに直接関係ないことでも書きますか? それとも、必要な場合にだけ描写しますか? その理由も教えてください。

言われてみると、
私は冒頭で書いたら、その後は場面によっては書くという感じかも。
攻めがそのシーンでは気合の入った勝負服だったとか、受が精神的にボロボロで痩せたとか。
だから、そのシーンでは外見の描写が必要だと思えば書きます。

32. 日本人なのに、日本人とはかけ離れた外見の(髪を染めた、整形したなどではなく、もともとの外見がかけ離れている)キャラはいますか? いる場合、そうしたキャラを作成した理由を教えてください。(日本人以外の場合は、その国の人に読み替えて答えてください。)

そういう異形な存在としてのキャラを書いたことはないです。
だって、異質だといじめられるじゃないですか。
いじめられるシーンを書きたくないんだと思います。

33. キャラの口調はどのように決めていますか?

なるべくキャラに添うように心がけます。
ガサツなら粗野に、几帳面なら主語述語まできっちりしてるとかですが。

34. キャラの口調について、何か意識していますか?

リズムも気にする方です。
黙読してみて、リズムが悪いと思ったら、附属語を省くとか。
主語と述語を入れ替えてみるとか。

35. 通常の会話では使われないような口調(特殊な語尾、過度な敬語、お嬢様口調など)を使うキャラはいますか? いる場合、それはどのような口調ですか? また、そうしたキャラを作成した理由を教えてください。

高飛車執事キャラは、今時誰もそんな丁寧な話し方しないでしょってぐらい、
慇懃無礼な口調にします。
言葉責めですね。書いててとても楽しいです。

36. 創作の中では割と一般的な『~わよ』『~だわ』といった女性口調は、現代の特に若い女性の間では、実際にはあまり一般的に使われない口調ですが、作品の中で女キャラの口調として使用しますか? 使用する場合、その理由を教えてください。

小説は書き言葉なので、たとえ作中の会話だとしても
やはりある程度、話し言葉とは違う表記になるんじゃないかなとは思います。
なので、女性だったら「~わよ」も書きます。
逆に私は口語表記の方が苦手なので、一人称では絶対書かないんですよ。

37. 男キャラの一人称は、『僕』『俺』『私』などのうち、どれが多いですか? また、どのように使い分けていますか?

受は「僕」が8割で「俺」が2割ぐらい。
健気なお坊ちゃまタイプなら「僕」・やんちゃ受なら「俺」になります。
攻は「俺」か「私」が9割。
攻が年上の設定のことが多いので、あまり攻キャラが「僕」ということはありません。

38. 女キャラの一人称は、『私』『あたし』などのうち、どれが多いですか? また、どのように使い分けていますか?

自分のことをあえて「あたし」表記する意図が理解できない。
何の主張なんでしょう。私はトンがってる女なのよアピールですか?
「私」でいいでしょ。
ものすごくいけ好かない女キャラには「あたし」と言わせるかもしれない。

39. 現実にはあり得ないほどの身体能力を持つキャラはいますか? それはどのような身体能力ですか? また、そうしたキャラを作成した理由を教えてください。

特殊な嗅覚を持ったキャラがいます。
近いうちに書きたいと思っている話です。
京都のお香屋さんの話を書こうと思っているので、その流れで。

40. 特殊能力や超能力を持っているキャラは登場しますか? それはどのような能力ですか? また、そうしたキャラを作成した理由を教えてください。

超能力はないですねえ。
透視とかサイコメトリーとか、警察ものに多かったりしますけどね。
霊感少年は『二人静』で書きましたけど、あれも特殊能力のうちでしょうか・・・?

41. キャラの家族構成について、その家族が作品に登場しない場合でも考えますか? 登場させようと思ったときになって考えますか? その理由も教えてください。

家族が登場しない話でも考えます。
キャラのおおまかな成育歴を年表にする時、どんな家の子だったんだろうとか。
どんな両親に育てられたら、こういう子になるのかなとか考えます。
あと、兄弟がいるかいないかも大事ですよね。
そのキャラが長男なのか次男なのかだけじゃなくて
両親にとって第一子なのか、それとも中間子なのかとか。
そうやって、そのキャラを理解していくというのか・・・。そのための作業のような感じです。

42. 作品が長くなったとき(長編でも、短編が何作も続くシリーズでも)、キャラ設定に矛盾(兄弟の有無や食べ物の好みなど些細なことでも) が生じたことはありますか? その場合、どのように対処しますか?

あります。
設定してたことを忘れちゃってるので。
確認作業を怠ると、そうなります。
だいぶ後になって気がついた時は、しょうがないから屁理屈をこねまわして煙に巻きます。

43. 自分の気に入っているキャラが、読者からあまり人気のない場合、何かしますか?(登場回数を加減する、そのキャラの性格等を調整する…など)

そんなこともありましたねえ。
私はすごく「タイプ♡」と思って書いてた脇キャラだったのに、気持ち悪がられてしまったことが・・・・。
でも、結局最後まで出張ってましたっけ。
だってそのキャラは私にとって、そしてストーリーにおいても必要不可欠な存在だったんです。
変えられません。

44. 自分がそれほど気に掛けていなかったキャラが、読者に人気がある場合、何かしますか?(登場回数を加減するなど)

あらてめて考えてみればですが、
読者の要望に応えて、という作り変えは一切しない気が・・・・。
そういったサービス精神に欠けているのかもしれません。反省。

45. どのキャラが人気があるか、実際にアンケートを取ったことがありますか? ある場合、アンケート結果がその後の創作に何か影響したか教えてください。

「どの話が人気があるのか」は、気になりますが、
「どのキャラが」とは考えたことがなかった・・・・。
私にとって、キャラはストーリーの構成要素のひとつなんだろうと思います。
いかんなあ・・・。
キャラの人気を意識するほど、実存を感じていないんだろうか・・・・。
私にはこの質問がいちばんカルチャーショックです。

46. どのような舞台設定の作品が多いですか? 時代や場所、現実世界か仮想世界かなどを教えてください。また、その舞台に決めた理由を教えてください。

現代が5割で、明治大正昭和初期が5割です。
レトロな時代ものBLを書くのは、自分が想像しやすいからです。
その時代の小説ばっかり読んでいたので。
で、日本や歴史を感じさせる場所を舞台にします。

47. 過去(実際に存在した時代)が舞台の場合、どこまで史実に基づきますか? 詳しく調べますか? それとも雰囲気だけ?

限界はありますが、できる限り史実に基づいて書きたい方です。

48. 未来が舞台の場合、今からどのくらい先の未来を設定していますか? また、その時代を設定した理由を教えてください。

SF映画も観ないですし、未来を舞台にした話はまず書かないと思います。
メカニックな感じ全般が苦手なんです。

49. 上記において、その世界では、今と同じ暦を使用していますか? それとも独自の新しい暦ですか? 独自の暦を使用している場合、その暦の名前と名前の由来を教えてください。(名前とは、今でいうところの『西暦』や『和暦』のことです。)

50. 舞台となる場所について、建物や地形の様子、地名など、どのくらい詳しく考えますか? また、その設定は、お話を書き始める前に考えておきますか? 書き始めてから必要に応じて考えますか? その理由も教えてください。

舞台となる街のモデル的な写真を用意したりします。
で、今は受はこの建物のこの辺にいるんだから、窓からはこっちの景色が見えてるはずだとか。
そんな感じで考えるというか、活用します。

えっ? まだ50問目?
あと50問もあるの!?

51. 現実世界が舞台の場合、実在の都市をイメージして書きますか? それとも、まったくの想像で書きますか? そもそもそういうことは気にしない(考えない)?

実在の都市をモデルにします。
その場所の写真集を図書館で借りてきて、見ながら書きます。

52. 実在する(した)場所(刑務所、マフィア、遊郭など)が舞台の場合、どのくらいリアリティを追求しますか? 文献等を参考に、限りなく実物に近づけますか? それとも雰囲気だけ?

実在するのなら、文献を用意します。
もちろん小説ですから、そのうえでフィクションも交えて書きますが。

53. 仮想世界や異世界が舞台の場合、どのようにその世界設定を考えますか? 何か文献等を参考にしますか? それとも自分の頭の中だけで考えますか?

私の性格だと、モデルにできる何かしらを探してくると思います。

54. 書き始める前にプロットは立てますか? 立てる場合も立てない場合も、その理由も教えてください。

わりとちゃんと作る方です。
起承転結で、どのエピソードまでが起で、このエピソードからは承になるとか。
で、書く前にそれぞれにページ配分をします。
実際に書いてみて、あらかじめ配分したページ内にエピソードが入り切らない時は、
不要な描写があるとか、テンポが悪いなどの理由があると考えて、その時点で推敲し、
割り振ったページ内に収めます。
で、投稿だったら規定枚数より10枚短く終わらせるようにして、
全部書き終わってから
「本当はもっとここで書きたかった」という場面に描写を足します。

プロットを立てないと不安なんですよ。
書き始めたものの、途中で収拾がつかなくなったらどうしようとか、考えちゃう。
せっかく頑張って書いてきたんだから
途中で書くのを諦めたくない(負けず嫌い)。
なので、最初に結末までプロットを立てて設計図を描いて
「これなら最後まで書ける」と思ったものしか書かない。

55. プロットを立てる場合、どのくらい詳しく(最初から最後まできっちりと・ボンヤリながらも全体的に・一部分だけ…など)考えますか? また、その理由も教えてください。

起承転結、それぞれのエピソードまで考えます。
ストーリーがどのように幕を開け、
どういった過程を経て、どんなオチを迎えて終わるのか。
スタート地点から最終地点までの航路が定まっていないと、出航できない性格です。

56. プロットを立てる場合、プロットを考えている途中で、お話を書き始めたくなることはありませんか? ある場合、どうしますか?

ありますねえ。
大抵「なんておもしろい話なんだ!私って天才! ひゃっほう!」って感じで。
でも、やっぱり物語の着地点が定まるまでは、書き始めないです。
っていうか、書けないです。迷っちゃって。
ストーリーが最終的にどこに向かおうとしているのかが明確でないと、
目の前にたくさん道があっても、
どの道に進んでいったらいいのかわからないので踏み出せないです。

57. プロットを少しも立てずに書き始める場合、 お話を書き始めてから、途中で内容や設定に矛盾が生じることはありませんか? ある場合、どう対処しますか?

58. お話を書き始める前に、資料などは集めますか? それとも書いていて資料が必要な部分に差し掛かったら集めますか? もしくは、そもそも資料は集めない?

書き始める前に集め、書きながら必要になったらまた図書館へ行きます。

59. 実際にお話を書くとき、どこから書き始めますか? 本でいうところの1ページ目から書き始め、あとがき前のラストページまでを前から順に書く・書きたいところから書いて最後に1つのお話に組み立てる…など、手順を教えてください。

起承転結、プロット通りに書き進めます。
おもしろ味のない人間ですみません・・・。

60. 上記において、前から順に書いていく場合、書いていくうちに、当初考えていたラストシーンとは変わってしまったこと、考えていたラストシーンに繋がらなくなってしまったことはありますか? ある場合、どのように対処しますか?

そうならないように、途中であらゆる手を尽くします。
それでも、やっぱり「こんなラストにするつもりはなかったのに」という流れが生まれることはあります。
そういう時は小説の方に主導権を譲ります。
もうそうなってしまうと、書き手の意図を越えているので、意図した通りには書けない。

61. 上記において、書きたいところから書く場合、今どのくらい書き上がっているか、起承転結 どの部分を書いているか把握できますか? 把握できる場合、それは何によって(どうすることによって)ですか?

62. 上記において、書きたいところから書く場合、最終的に、書いたものをどのように組み立ててお話を完成させますか? うまく組み立てられない(話が繋がらない)ことはありませんか? ある場合、どのように対処しますか?

63. 上記において、前から順に書く・書きたいところから書く以外の書き方をする場合、その書き方で困ったこと・難しいことは何ですか? また、その書き方のいいところは何ですか?

筆が乗ってくるまでに時間がかかることでしょうか。
前から順々に書いていると、承の半ばぐらいまでは粛々と、
下準備を進めていっている感じです。
作業が地味すぎて辛抱するのが毎回大変。

64. 書いているうちにネタに詰まる・筆が先に進まない、といったことはありますか? ある場合、どのように対処しますか?

前に進もうとするんじゃなくて、
書いてきたものを読み返します。読み返していると、先に進むきっかけが得られることが
多いように思います。

65. お話の締め方の表現は、どのように思い付きますか。どのような締め方が多いですか?

ラストシーンをどの一行で〆るのか!
皆さん、その一行を書きたいがために、原稿用紙に何百枚と文字を連ねているんじゃないでしょうか。
私は「だいたい、こういうシーンで終わらせる」という設定は
プロットの時に考えますが、最後の一行だけはその時の自分の中から
自然に生まれ出てくる何か、に任せます。

66. どのように作品のタイトルを考えていますか?

タイトルだけは毎回誰かに考えて欲しいと思うぐらい苦手です。
たぶん、作品にテーマを設けないから
キャッチ―なタイトルが作れないんだろうと思います。

67. タイトルを考えるのは得意ですか? 苦手ですか?

お金を出してもいいから、誰かに考えてもらいたいです。

68. どのような雰囲気(明るい・暗い、長文・短文・単語、日本語・外国語…など) のタイトルが好きですか(よく付けますか)?

自分でつけるのなら、ワンフレーズが好きです。
でも、BLって属性とかタイトルだけでわかるようにつけた方がいいんでしょうね。
でないと、作品に興味をもってもらえないので。

69. タイトルはどの時点で付けますか? お話を書き始める前(プロットの段階)? タイトルを付けないまま書き始め、思い付いた時点で? すべてお話を書き上げてから内容を見て?

最後の最後。
どーしてもつけないといけないって段階になって渋々。

70. タイトルからストーリーを思い付いたこと(考えようとしたこと)はありますか?

ありえない。

71. 今までに付けたタイトルの中で(一番)気に入っているものを教えてください。(お題配布サイトから借りたタイトルの場合は、配布元を忘れずに表記してください。)

発表したものの中では
『ほんとのことを言ってくれ』『島田スペシャル』・・・こちらはタイトルだけで読みにきて下さる方も多かった
未発表のものの中では
『LESSER GOD』『地の果てまで行く』『瀕死の春』

72. 地の文は一人称と三人称のどちらが多いですか? また、どちらが書きやすいですか?

書きやすいので、一人称寄りの三人称が多いです。

73. 地の文が一人称の場合、登場する他キャラの名前や設定をどのように紹介(表現)しますか?

74. 地の文が三人称の場合、キャラの名前は苗字と名前のどちらで表現しますか? 使い分けていますか?

主人公は名前で。
攻めは名字の方がしっくりきます。

75. 会話シーンにおいて、地の文が挟まらずに会話だけが続いたとき、誰のセリフか分かりづらく感じることはありませんか? 自分の書いている文章がそのような状態になったとき、どのように解決していますか?

「~が言った」とか、地の文で書いちゃう。

76. 上記に関連して、会話シーンにおいて、何行くらい会話が続いたら地の文を挟むようにしていますか?

3~4でしょうか。
それ以上続くと、読んでいる方も
「あれ? これ誰が言ってるの?」って、なるんじゃないのかなと。

77. 登場人物が多く出ているシーンで、気を付けていることや意識していることはありますか? ある場合、それはどんなことですか?

そのシーンではそんなに重要な役割じゃない人物の描写を極力減らす。
何なら、そこにいない人のように無視する。
このシーンでは、誰に焦点をあてて書くべきかの優先順位をつける。
あと、カメラワークを意識します。
このキャラのアップのシーンを書いたから、次はカメラを引いて部屋全体を描写しよう。で、その場にいるキャラの表情を順番に書いていくとか。

78. 名前や単語の関係で、ひらがなばかり、または漢字ばかりが続く文章となった場合、どのように対処しますか? 読点の位置がおかしいと感じても、または1つの文章に読点が多いと感じても、単語間に読点を入れますか? それとも特に気にしませんか?
※例えば『懸命に走ることによってどうにかなったけれど』という文で、『によって』と『どうにか』の間に読点を入れないと、一続きの語のように見えます。同様に、『ある程度意識して』という文で、『ある程度』と『意識して』の間に読点がないと、一続きに見えます。この質問では、このような状態を、ひらがなばかりが続く、漢字ばかりが続く、と言っています。説明下手ですみません。


おっしゃりたいこと、すごく良くわかります。
あんまり紛らわしいようであれば、句読点の代用として、ひらがな単語の間に漢字単語を入れるとか
漢字単語を同意語のひらがなに置き換えるとか
私もバランスは気になりますし、考えます。

79. 1行目と2行目で読点の位置が同じだと、気になりますか? その場合、何か対処しますか?
 例えば
 一行目: だから、彼は言わず・・・・・・
 二行目: 先生は、彼女に伝えた・・・・・
という2行は、読点の位置が同じになります。こういう場合を指しています。


「あらら」とは思いますが、この場合は修正しません。
読んでいる分には問題ないだろうと・・・。

80. キャラの名前が漢字の場合、その読み方をどのように読者に示していますか?(活字のようにその漢字の上または右にルビを振る、漢字の後ろにカッコ書きで表示する…など)
 
ブログで公開する時は、漢字の後ろにカッコ書きで表示します。
私はキラキラネームを使うことはないんですが、名前の音読みが正確に伝わっていないと
文章のリズムがおかしなことになりそうで心配になります。

81. 推敲はどの段階で、どの程度行いますか?

続きを書き出す前に、数ページ前までざっと目を通しますので、
気になる所があれば、その段階で修正します。
最終的な推敲は、締め切り直前まで延々と。
なのに、めちゃくちゃミスが多い。とにかく多い。私の目は節穴です。

82. 文章作法はどのくらい気にしていますか?

自分では気にしているつもりなんですが。
そもそもその気にしているお作法が合っているのかどうかが、わからない。
私、すごく堂々と大きな顔して
言葉の使い方間違えてる時がたくさんあるので、見かけたら本当にお声をかけて下さい。

83. 地の文において、見やすさを優先するため、視点や立場の変更・新しい考え方や事柄への転換などがなくても、改行することはありますか? ある場合、どのくらいの長さ(文章量)で改行しますか?

意味なく見やすさ優先での改行はしないかなあ・・・・。
でも、「あまりにも改行が少なくて、ページが全部字で真っ黒!うわっ!」ってなって
読む気が失せたとか言われると、…・考えますよね。

84. 上記と同様に、見やすさを優先するため、単なる改行だけでなく、段落間を1行空けることはありますか? ある場合、どのくらいの長さ(文章量)で1行空けますか?

上のようなご意見を耳にしてからは
バランスを見ながら空けるようにしています。
でも、法則性はないので、すごく適当です。

85. 『~するとき/時』『~のこと/事』『~のもの/物』『~するところ/所』などは、ひらがなと漢字のどちらの表現を用いますか? その理由も教えてください。それ以外にも、あえてひらがな(または漢字)で表記する単語等はあれば教えてください。

ひらがなの方が柔らかい感じがするので
ひらがなを使うことの方が多いかも。

86. 語彙や表現はどのように増やしていますか?

テレビのナレーションをメモる。
ナレーションって、風景や情景描写だったり品物の説明だったりするので、
「その語彙を使って、そうやって描写すればいいんだ」と、勉強になります。

87. 自分の作品の中で、同じような言葉や言い回しが何度か登場する…と感じることはありますか? ある場合、何か対処していますか?

よくあります。
後から読み返して気がつきます。
気づいた時には別の言い方に変えるようにします。

88. 自分の文章に、誤った意味で使用しているに言葉がないか、同訓異字の使用誤りがないか、どのくらい気にしていますか? 辞書やwebにより調べていますか? おすすめの辞書やサイトがあれば教えてください。

不安になったらネットで調べて確認します。
でも、いつも自信満々で勘違いしてるので、誤った意味で使用している自覚がなくて・・・・。

89. 他者の作品やテレビのテロップ、その他何かしらの文章を目にした際、自分の書き方とは違う、という点で気になる表現はありますか?(自分では漢字を使うところをひらがなで表記している、英数字の半角・全角、『』や””の使い方…など)

90. 文章のレイアウトについて、1行の長さはどのくらいに設定していますか(どのくらいが見やすいと思いますか)? webや活字など、表現媒体により異なる場合は、それぞれについて教えてください。

一文は短ければ短い方がいいそうですが、
ご覧の通り、私はかなり長いです。
今は口語体なので短めですが、
これが文語体になったらもっと長くて堅い文章になってしまいます。

91. 創作は、自室・図書館・カフェなど、どのような場所で行いますか?

自室オンリー。
そして一人でないと絶対に書けません。

92. 創作には、PC・スマホ・手書きなど、何を使用していますか? PC・スマホの場合、使用ソフトやアプリも教えてください。

PCです。

93. ネタやプロットなどが思い付いた場合、スマホ・PC・紙のメモ帳・頭のメモ帳など、どこに書き留めておきますか? PC・スマホの場合、使用ソフトやアプリも教えてください。

メモは手書きでノートにします。
そこはアナログ。

94. 寝る前、ふとんに入り、電気も消した後に、ネタやお話の続きなどが浮かんだ場合、どうしますか? 起きて何かしらにメモ等をしますか? それともそのまま寝ますか?

起きてネタ帳にメモします。
翌朝まで覚えていられる自信がありません。

95. 集中力が途切れたとき、どうしていますか? 書くのを中断しますか? または、集中力を高める方法があれば、教えてください。

私は集中力がなくて飽きっぽいので、もうあの手この手を試してきました。
とりあえず毎日決まった時間にPCを開き、
たとえ一行も書けなくても一定時間は中座しないように辛抱します。
それが習慣になってくると、
持続力も集中力もついてくるような気がします。

96. 創作中に音楽を流していますか? その場合、どんな曲を流していますか? また、その曲(曲調や歌詞の内容)がお話の内容や文章表現に影響しますか?

そのストーリーの「主題歌」だと(勝手に)決めた音楽をまず最初に聞きます。
それが習慣になってくると、
その曲を聞いただけで、その物語に入っていけるようになります。
パブロフの犬の法則です。
執筆中に聞く音楽はバックミュージックとして気持ちを高ぶらせてくれたりしますので、悲しいシーンでは悲しい曲を、エロシーンではセクシーな曲を聴くようにしてるかも。

97. 曲からイメージしたお話を書いたことがありますか? または、イメージして書くつもりはなかったけれど、触発されてネタが浮かんだ、というようなことはありますか? ある場合、その曲を教えてください。

椿屋四重奏『シンデレラ』から
『極道紳士と気まぐれ仔猫』のイメージが広がりました。

98. お話をwebで公開している場合、完結してから公開していますか? それとも書き上がったところから公開していますか? また、更新頻度はどのくらいですか?

完結しているものを修正しつつ公開しています。
更新は毎朝です。

99. 同人誌等を発行している場合、お話が完結してから発行していますか? 当初は分冊の予定がなかったものについて、締め切りに間に合わなかった場合、書き上がった分だけでも発行しますか? それともその場合は発行を見送りますか?

100. 長くてくどい質問にご回答ありがとうございました。最後に一言あればお願いします。

質問されて初めて「みなさん、ここまで気を配って書いていらっしゃるんだ!」と、焦りました。
それに比べて、自分は「何となく」とか「その時の気分」とか、
特に深く考えることなく流していた部分が多々あって、すごく反省。
また、私はプロットがないと書けないタイプなんですが、そうでない方のスタイルもぜひ参考にしたいです。
恋三昧様、とても興味深いアンケートをシェアして下さって、ありがとうございました!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【電子書籍二冊目発売されました。】へ  【電子書籍配信スタート!】へ

~ Comment ~

如月久美子様


初めまして。
こちらこそ、お題テンプレートを配布して下さって
ありがとうございました。
質問されてみて初めて考えたことも多かったので、
すごく新鮮でした。
質問の内容もわかりやすかったですし、
その発想はなかった!(キャラのあだなを考えるとか)という驚きも数々あって、
最後まで楽しんで回答させていただきました。

如月様のサイトにアップされている
生き生きした男の子達の瑞々しくてキラキラした恋模様は、
私がどんなに文献を集めてこようと絶対に書くことができない
世界観です。
これからもその眩しいような感性で
素敵な恋模様を描き続けて下さいね。

私も「タイトルつけるのが苦手」とこぼしていらした如月さんに
勝手にシンパシーを感じてしまいました。
ありがとうございました。

回答ありがとうございます(*^_^*)

 このたびは、この長たらしい100の質問に回答いただき、誠にありがとうございます。
 100問ていうだけでも長いのに、質問自体がくどいから、大変なことになってますよね。本当にすみません。

 プロットをすごく丁寧に立てられていたり、キャラの外見・家族設定まで細かく考えていらっしゃったり、モデルとなる街の写真を用意されたり……もう本当に尊敬します。
 私がいかにいい加減にお話を書いているか、身を以て知りました。
 ネタに詰まったときとの対処法と、集中力については、さっそく今日から参考にします。

 でも、何かもう何から何まで完璧…! て思ったのに、タイトルを付けるのが苦手なんだと知って、勝手にちょっと親近感…。足元にも及ばないくせに…(笑)

 また、この質問での回答にあったとおり、キャラの外見をすごく分かりやすく丁寧に描写されていて、すごい…と、ただただ感心しています。
 レトロな時代のお話、いいですね(*^_^*)
 私もこの時代の雰囲気は大好きです。書くのは苦手ですが…(^_^;)
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【電子書籍二冊目発売されました。】へ
  • 【電子書籍配信スタート!】へ