「夜のギヤマン」
第一章

夜のギヤマン2

 ←夜のギヤマン1 →夜のギヤマン3
「はあっ?」
 当然のように、神谷は声を上擦らせた。シロップ抜きのただの氷を全種類注文する客の意図がつかめず唖然とすると、「つべこべ言わずにさっさと出せや」 
 と、急かされる。仕方なく、七種類ある天然氷をすべて削って男に渡し、ちらりと男を窺い見る。 
 そうして改めて二人に訊ねれば、男はバーの経営者兼バーテンダーだと言い、店で出す洋酒の個性にあった天然氷を仕入れたいと思っていたと打ち明けられる。
 
 結局、目つきの悪い強面男が味見を済ませた七種類の氷からウィスキー用に選んだ氷は、硬度七十五ミリグラムリットルの軟水氷。スコッチ用に選んだのが硬度百六十ミリグラムリットルの、若干硬めの氷だった。
 明日からその二種類の角氷を、毎日一貫ずつバーに持ってくるように言いつけて、隣の派手なイケメンを顎でしゃくって促した。

「おい、堤。こいつにうちの店の名刺、渡したれや」
「東銀座でやってる『アクア・ビテ』って小さいバーなんですけどね。こいつがバーテンやって、俺が接客担当しています。どうぞ宜しくお願いします」       
 堤は命じられるまま柔和な笑顔を神谷に向けて、名刺を差し出す。神谷も条件反射で自身の名刺を手渡しながら、既に二人に背を向け去っていく横柄な男に目をやった。それが鬼島匠だったのだ。            

 しかし、たとえ見た目はチンピラでも、やはり銀座でバーを開くだけの事はあるのか。 
 直後にネットで調べてみたら、それぞれの硬度がそれぞれの酒の持味に最も適している事も判明した。だから、鬼島は七種類あった軟水の硬度を的確に判別した事になる。その奇跡のような舌をもって、今度は天然の硬水でこしらえた氷の味と透明度を判別しようとしている鬼島を神谷はそっと盗み見た。 

 雑に撫でつけた不揃いな髪。 
 力強い二重目蓋の双眸と鼻筋の通った高い鼻梁。角張った顎に厚めの唇。一文字の眉を険しくひそめて口の中で氷をゆったり転がす不遜な男。
 けれども鬼島が認めないなら、その氷は決して美味くはないのだ。今回も俎の鯉の心境で鬼島のジャッジを待っていると、傍らにいた堤が鬼島の肩を抱きこんだ。  

「で、どうなんだ?今度は成分調整するんじゃなくて、硬水のえぐみは残したままで、凍らせる温度を調整しながら透明度の高い氷に仕上げてくれてるんだろう?もう充分じゃないか。ここまでやってくれたんだから」
 緊張に顔を強ばらせている神谷を擁護するように、堤は鬼島を宥めて言った。
 鬼島は営業前のTシャツにジーンズ姿だったが、堤は既に英国風ピンストライプのダブルブレストスーツを隙なく着こなし、髪もオールバックに撫でつけている。堤が相変わらずの男振りで笑顔をふりまき場を和ませると、鬼島もつられるように眉を開いた。
「……しょうがねえなあ」
 舌打ち混じりに足を組み替え、鬼島が神谷を上目に捉える。途端に神谷は眉をひそめ、憮然としながら言い放つ。

「しょうがねえって何ですか。ここまできて妥協なんてしないで下さい」
「誰が妥協じゃ。わしかて、今これなら満点じゃあて言おうとしとったんじゃい」
 鬼島も口では認めつつ、噛みつく神谷を斜め上に睨みあげた。そのいかにも照れ臭そうに歪められた強面が見る間に耳まで赤く染まり、いつになく彼をあどけなく見せていた。
 神谷はドキリと鼓動を跳ねあげさせたが、ふくれっ面の子供の頬を指でつついてからかうように悪どく微笑む。      
「じゃあ、僕の勝ちって事でいいですね?」



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ 3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ 3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ 3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ 3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ 3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 電子書籍関連
総もくじ  3kaku_s_L.png ホワイトナイト
総もくじ  3kaku_s_L.png ほんとのことを言ってくれ
総もくじ  3kaku_s_L.png 夜のギヤマン
総もくじ  3kaku_s_L.png 死か降伏か
総もくじ  3kaku_s_L.png 咲かない桜の桜守
総もくじ  3kaku_s_L.png 向かい風を行く
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夜のギヤマン1】へ  【夜のギヤマン3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。
  • 【夜のギヤマン1】へ
  • 【夜のギヤマン3】へ