更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2017年01月  】 

死か降伏か 26

第二章 綾なす姦計

2017.01.18 (Wed)

 千尋が八坂神社の門前で、昼食に屋台のうどんを啜っていると、ポンと後ろから肩を叩かれた。千尋が瞬時に腰の脇差に手を伸ばし、一瞬箸を止めたのち、肩越しに目だけを向けたその先に、見知らぬ男が立っていた。「えらい評判でんなあ、あんさん」と、砕けた口調で話し出し、満面に喜色をたたえている。高価な薩摩上布の帷子(さつまじょうふのかたびら)に細い優美な本多髷(ほんだまげ)。どこぞの大店の若旦那といった風貌だ。「...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年01月       翌月

Menu

プロフィール

坂東蚕

Author:坂東蚕
BL小説書き。
小説ディアプラス第27回チャレンジスクール編集部期待作・第1回BL小説大賞編集部期待作受賞。
お仕事ものや、和風、明治大正昭和レトロなBL好き。

坂東蚕の電子書籍


【極道紳士と気まぐれ仔猫】ご購入はこちらから

【恋文代筆承ります】ご購入はこちらから

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事