更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2017年01月  】 

死か降伏か 19

第二章 綾なす姦計

2017.01.11 (Wed)

 壬生浪士組幹部のひとり、近藤勇は京都守護職松平容保(まつだいらかたもり)がいる金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)に早朝から参じていた。 「芹沢鴨がはたらいた蔦屋への蛮行、狼藉の数々、許しがたい」 と、外国奉行の文書を朗じる藩士の前で、近藤はひたすら座敷の下座で平伏し、言い訳もせずに陳謝の言葉を言い述べた。当の芹沢は昨晩から遁走し、行方知れずのままだった。 「蔦屋は英仏蘭露、支那語もできる。経理に明...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年01月       翌月

Menu

プロフィール

坂東蚕

Author:坂東蚕
BL小説書き。
小説ディアプラス第27回チャレンジスクール編集部期待作・第1回BL小説大賞編集部期待作受賞。
お仕事ものや、和風、明治大正昭和レトロなBL好き。

坂東蚕の電子書籍


【極道紳士と気まぐれ仔猫】ご購入はこちらから

【恋文代筆承ります】ご購入はこちらから

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事