更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01

【  2016年12月  】 

死か降伏か 3

第一章 OBEY

2016.12.23 (Fri)

 「袖の下をよこせってんなら、はっきりそう言え。腐れ壬生浪(みぶろう)!」芹沢達の背後から、よく通る男の声がした。直後に壬生浪士組の侍が四方八方に飛びのいて、自分の刀に手をかける。それでも男は怯むどころかますます血気盛んに着物の裾を尻からげにして放言した。「てめえら公儀御用(こうぎごよう)だ何だの言って、金をむしり取っていやがるが、こちとらてめえの体張って稼いだ金だ。壬生浪なんぞに一銭だって渡しゃし...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年12月       翌月

Menu

プロフィール

坂東蚕

Author:坂東蚕
BL小説書き。
小説ディアプラス第27回チャレンジスクール編集部期待作・第1回BL小説大賞編集部期待作受賞。
お仕事ものや、和風、明治大正昭和レトロなBL好き。

坂東蚕の電子書籍


【極道紳士と気まぐれ仔猫】ご購入はこちらから

【恋文代筆承ります】ご購入はこちらから

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事