向かい風を行く 52

 18, 2017 06:59
壮麗だった祭りの後の、
一抹の寂しさに覆われた境内を、甲斐が先に後にする。
観客もいなくなり、午後九時を過ぎる頃には帰路につく青年団のメンバーもいた。
 
後片付けは明日の朝に行なう手筈になっている。
だから、そこかしこで青年団の打ち上げも始まり、ビールを呑みつつ爆竹を鳴らしたり、
市販の花火を楽しんだ。
しかし美貴は彼らの誘いを断って、
鳥居の外で待っていた甲斐に急いで追いついた。

「俺、今日車で来てんだけど。お前、帰りは運転してもらってもいい?」
境内の駐車場に停めた車に案内しながら訊ねると、甲斐は快く応じてくれる。
「じゃあ、俺が呑んでも大丈夫だな」
本音を言えば、甲斐と乾杯したいところだが、何しろ相手は未成年だ。
しかも、親は国会議員の御令息。
そんな甲斐に、未成年飲酒という危険な橋を渡らせるわけには
いかないところが残念だ。
 
美貴は助手席に甲斐を乗せてコンビニに寄り、
ビールと摘みと甲斐用のノンアルコールドリンクや菓子の他に、
子供用の花火セットも買い込んだ。
「花火セット、要りますか?」
訝しそうに訊ねられ、美貴はにやりとほくそ笑む。
「これは、後夜祭の必需品。うちの町内の手筒花火の奉納祭事の伝統だからな。
覚えておけよ、新入り」
「はい……」
一応頷いて見せたという、間の抜けた顔が愛らしい。
美貴は会計を済ませると、行き先を甲斐に教えないまま改めて、
車の運転席に乗り込んだ。
甲斐の両親が乗っている日本で一番の高級車の足元にも及ばない、
庶民的な軽自動車だが、甲斐は鼻白む様子もない。
なんでこんな小汚い車に乗らなきゃいけないんだ、などという、
親の威光を傘に着た勘違い系お坊ちゃま特有のプライドは、
甲斐には全くないらしい。

むしろ嬉々として助手席に乗り入れて、シートベルトを締めながら、
物珍しげにあちこち見回し、瞳を輝かせている。少年のように。
「ヨシキさんは運転中に音楽かけたりしないんですか?」
車を走らせた直後に甲斐が身を寄せるようにして訊ねてきた。
車内には、どこかのアイドルグループの女の子達が好き勝手にしゃべるだけの
無意味なラジオが流れている。
「うん。俺、あんまりこだわりないからな。音楽より、誰かが適当にしゃべってるラジオ。
聞いてた方が、おもしろいじゃん。何となく」
「寂しがり屋なんですね」
甲斐が、クスリと笑って言う。
「何だ、それ。何、その解釈」
「何って、ヨシキさんらしいなってことですよ」
助手席の窓枠に肘をかけ、頬杖をついた甲斐に艶然と微笑まれ、
ハンドル操作を危うく誤りそうになる。

「じゃあ、お前はいつも何か音楽かけてんの?」
美貴はハンドルを握る両手にぐっと力を入れ、事故だけは犯すまいと奮起する。
「覚えてませんか? この前、病院から家まで送ってあげたじゃないですか」
からかうような口調だった。
実際、からかわれているのだろう。横顔に感じる甲斐の視線が
いつになく熱っぽい。
「……覚えてねえなあ。そんなこと」
実際、あの日は車の後部座席のドアを甲斐に開かれたショックを引きずったままだった。
車中で何を話したのかさえ何も思い出せないほど。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト

向かい風を行く 53

 19, 2017 07:35
「せっかくヨシキさんに聴かせたくて、かけてたのに」
挑発めいた笑い顔が少しだけ拗ねたような顔になる。
唇を尖らせた甲斐に一瞥をくれ、あくまでも運転に集中する。
だから、そんなに意味深に煽るなと、咎めたくなっていた。
甲斐はただ、心の許せる相手ができた。
そのことに年相応に子供らしく喜んでいるだけだ。何も深い意味はない。
自分が言葉の裏を読みたがり、自分に都合のいいように受け取りたがっているだけだ。

「何だったっけ? 誰の奴?」
美貴は右折のウインカーを出しながら、前を見たまま甲斐に聞いた。
「教えません」
「何だ、それ」
どうやら本気で拗ねたらしい。不貞腐れたような口調で告げられ、失笑した。
「じゃあ、今度車に乗る時、持って来いよ。かけてやるから」
と、言いながらハンドルを回し、交差点を右折した。
また、今度。
今度はいつ、甲斐をこの車に乗せる日が来るのだろう。
美貴は郊外へ車を走らせながらふと、思う。
また秋祭りの準備の前。
それまでの一年間。顔も合わせず、過ごすのだろうか。お互い何を思い、
どんなことを考えながら過ごしているのか知らないまま。

車を走らせるにつれ、車道はどんどん閑散となり、国道の左右の歩道を歩く人も
疎らになる。
そのまま郊外の小高い山の中腹まで行き、駐車場から見晴らし台へと移動した。
「意外に人がいないんですね。花火祭だから、カップルとか一杯いると
思ったのに」
車から降りた甲斐が、閑散とした見晴らし台を見渡しながら呟いた。
「そりゃあ、手筒花火は打ち上げ花火じゃないからな。
近くで見ないと迫力ねえし。だから、手筒花火の奉納の日は皆、神社に集まるし」
だから、こんな街外れにわざわざ来るような見物客はないことを
美貴は予め知っていた。

「今日は一日よく頑張ったな」
美貴がプルトップを引いた缶ビールを掲げると、
甲斐は掲げたノンアルコールの酎ハイと缶の端を合わせてきた。
二人ともまだ藍の袢纏に縞の角帯。
黒の股引きに足袋にわらじという祭り仕様で、こんな場所にいるのがおかしい。
そんな他愛もないことが高揚感に変化する。
美貴は見晴らし台の鉄柵にもたれてかかってビールを呑み、眼下の夜景に目を向けた。

「ヨシキさんも、一か月間、本当にお疲れ様でした」
「まあ、本番はみんな無事に済んで、よかったよ」
闇の盆地にぽつぽつ点る生活光。
あの光の中から甲斐を連れ出し、独り占めした自分が妙に誇らしい。
今、この男の横にいるのは自分だけ。甲斐もそれを望んでくれた。
このまどろみのひと時は、手筒花火の成功より、もっと心の奥深いところを満たしてくれる。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

向かい風を行く 54

 20, 2017 07:45
「でも、やっと手筒花火が終わったのに、なんでまた花火なんですか?」
甲斐はコンビニで買った子供用の手持ち花火にライターで点火しつつ笑っていた。
外灯の下から移動して、薄闇の中、白光色の火花を噴出させている。
美貴も缶ビールを手にしたまま、手持ち花火に火を点けた。
「うちの青年団の伝統なんだよ。まあ、祭のシメの花火だな」
「シメ花火ですか?」
「そうそう。だって、最後は遊びたいじゃん」
 
死と隣合わせの緊張感から解放され、花火そのものを愛でる時間。
赤や緑の火の玉を連射する打ち上げ花火や笛ロケットを楽しんで、
美貴は爆竹にも火を点けた。
それを直足袋の足で踏みつけて、火薬が弾ける感触を足の裏で味わった。
「ヤンチャだなあ」
甲斐は苦笑していたが、声音は慈しむように優しげだ。
その後もススキ花火を向け合って、子供みたいに逃げ惑う。

そんな甲斐の弾けるような笑い声。
年相応に屈託のない無邪気な甲斐を見ていると、何だか胸が熱くなる。

「あー……、やっぱ、最後はどうしてもこれだけ残るんだよなあ」
気がつけば、コンビニで買った花火セットは線香花火を残すのみとなっていた。
美貴と甲斐は、どちらからともなく距離を縮めて屈み込んだ。
「でも、懐かしいなあ……。昔は、お婆ちゃんちでよくやったけど」
甲斐は紙縒りに火を点けて、感慨深げに双眸を細める。
すぐに線香花火が橙色だいだいいろの火の玉を作り、枝分かれして火花を散らし、
夜のしじまにかそけき音を響かせた。
美貴も隣で火を点し、掌で風を遮った。

「お前、もうちょっとこっち寄れよ。風出てきた」
と、吹きつける風に背を向けて、甲斐に腕をくっつける。
線香花火の儚い火花を守る為、二人で風の盾になる。
だが、甲斐と身体を密着させ、初めて美貴はその状況にはっとした。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

向かい風を行く 55

 21, 2017 06:23
右腕の藍の袢纏はんてんの布越しに伝わる甲斐の身体の熱。
意識し出すと、もう駄目だ。
どうしようもないぐらい鼓動が早鐘を打ち始め、顔を見ることもできなくなる。
美貴は火花を咲かせる線香花火の先だけ、息を殺して見つめていた。
「……あっ、落ちた」
やがて視線の先で火の玉が落ちて、美貴は渋々腰を上げた。

それでも二本目に火を点けて、再びしゃがんだ時もまた、それとなく甲斐に密着した。
「お前、巧いな。さっきから全然落ちねえじゃん」
「動かさなければ落ちないですよ」

こんなにぴったりくっついて、何か変だと思われていたらどうしよう。
気持ちが悪いと思っても、言えずにいるだけかもしれない。
内心ビクビクしていたが、腕でも肩でも甲斐に触れていたかった。
万が一、
「暑いです」
などと、甲斐に口実を作られて、
それとなく距離を置かれても、線香花火の火花は風に弱いから。
風よけのために並んだだけだ。
くっついたのは、その為だ。
美貴は甲斐にも自分にも心の中で言い訳した。

甲斐も一瞬ビクリとしただけで、
よけたりせずに花火をじっと見つめている。
「……あのさ、お前」
美貴も四方に広がる可憐な火花を見たまま言った。
「付き合ってる奴とかいるの? ……好きな子とか」
「えっ……?」


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

向かい風を行く 56

 22, 2017 07:35
身動いだ甲斐のわらじ履きの足先に、橙色の火の玉が落ちて散る。
甲斐は珍しく動揺を顕わにした。
「お前ならやっぱ、モテるだろ」
美貴は膝を抱える自分の腕に顔半分うずめたまま、ヤケクソのように言い放つ。
病院を退院した日に車の後部座席を開けられて傷ついた自分を知ってから、
甲斐の隣に「いるべき」相手がいることを、
心のどこかで疑った。

「……いえ、そんな」
かすれた声で謙遜し、ゆるく左右に首を振る。
だが、訝しそうに眉をひそめ、少しだけ腰を浮かせて退いた。
真横ではなく、美貴の顔がちゃんと見える位置に動きたかったらしかった。
斜め後ろに移動してしゃがみ込み、
急にどうしたのかと聞きたげに、視線で美貴に詰め寄った。
甲斐が離れた分だけ密着していた腕が離れ、体温と二の腕の質感が遠のいた。
僅かに生まれた腕と腕の隙間から夜風が寒々しく吹き込んだ。

美貴が下げた線香花火の慎ましやかな灯火が揺らぎ出し、
膨らみかけた橙の粒ごと火花も落ちて散る。

「ほら、もう。お前が動くから。最後の一本だったのに」

美貴は紙のこよりをコンクリートの床に捨て、
花火の残滓をわらじの先で揉み消した。
まるで吸いかけの煙草を落として踏み消すように執拗に。
それでも甲斐は黙っている。
脈絡もなく聞くだけ聞いて、むくれる美貴に困惑の目を向けている。
甲斐の戸惑いが、わかるからこそ苛立った。

聴けるものなら聴きたいと思っている。
特定の相手がいるのか、と。
そして、それは聴きたい気持ちと同じぐらい聴きたくもないことだった。
まだ甲斐を好きなままでいたかった。
このまま二人でふわふわと、夢とうつつの境目をたゆたっていたいのに、
ひとりよがりの片想いだと知るのが恐い。
諦めなければならない相手なのだとわかっても、
諦められる気がしない。

だから確かめたくない、そんなこと。
けれど、確かめなくてはならないこと。
それもよくわかっていた。

「でも、いるんだろ? 本当は」
いないと甲斐に言って欲しい。
否定の言葉が欲しかった。だからこそ、こんな問いかけになっていた。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

向かい風を行く 57

 23, 2017 06:47
「付き合ってるとか、そういうのはないですけど……」
たどたどしく言いながら、甲斐はだから、何? どうしたの?
そんな目で美貴を見た。
さっきまで楽しそうにしてたのに。それなのに、どうしたの?
唐突にイライラし出した美貴に慄き、甲斐は顔色を曇らせる。

美貴は『いない』と言われた瞬間に、思わず顔を上げていた。
その瞬間だけ目が合った。
外灯も消された薄闇の展望台でもわかるほど、
甲斐は無邪気に美貴を見た。目を逸らしたりせず臆したりせず、
ただ気遣ってくれている。

その時、美貴の中では浮き上がるような安心と、地面にめり込むような落胆が、
それぞれ同時に湧き起こり、ない交ぜになって渦巻いた。
結局、半笑いになりながら、
美貴は膝を抱えた自分の腕に顎を乗せ、視線を虚ろに彷徨わせる。

本当に眼中にないんだな。
答えをもらう前より更に打ちひしがれ、何も言葉が出なかった。
こんなに牽制球を投げたのに、甲斐は微動だにしていない。
受け取ってさえいなかった。
そんな気がして、何かがすっと心から落下したのを感じていた。
美貴は足が痺れて立ち上がり、伸びをしながらさりげなく背を向けた。
甲斐を見なくて済むように。
そうしなければ本当に泣いてしまいそうだった。

眼下に広がる町の灯りも、さっき見た時より数が減り、闇の濃さを増していた。
今日という日の祭の熱は漠とした寂寥に変わりつつある。
美貴の中でも熱狂は潮のように引いていた。

甲斐と二人で手筒花火の砂鉄の火の粉を浴びながら、
熱さに恐怖にも耐えた数分間。
あの夢のような数分が天高く打ち上げられた花火のようにキラキラと、
放物線を描きつつ夜空の闇に消えて去る。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

向かい風を行く 58

 24, 2017 07:11
「じゃあさ。どんなのがタイプなんだよ、 お前って。可愛い系? クール系?」
「……ヨシキさん」
「年上は駄目とか。……年下の方が、やっぱいい?」
薄暗く、誰もいない山の中腹の展望台。
背後で甲斐も立ち上がる気配がした。
美貴はようやく観念し、大きな溜息をひとつ吐いた。手の内のカードを
全部見せることにした。

今更何を言っても無駄だということは、わかっている。
このまま何も言わずに別れたら、来年もまた今年のように一か月間、
甲斐と一緒に手筒花火の準備から奉納まで楽しめるだろう。
気兼ねなく。
帰り道では甲斐が通うラーメン屋に寄り、飯を食ったりできるはず。
何も言葉にしなければ未来は続くかもしれない。
一年間待ってさえいれば、また会える。

美貴の中で未来に希望を託すのか、
それともここで思いの丈をぶちまけて、粉々に砕けて終わるかで、
ほんの一瞬葛藤し、二人の自分が争った。
挙句に未練の方が勝ちを占めた。
誰にも獲られたくないからだ。

今年甲斐に会えるのは今夜で最後だ。
祭りが終わってしまったら、もう甲斐は連絡なんてしてこない。
だから尻に火がついたように焦っていた。
榊原だって甲斐を虎視眈々と狙っている。
それなのに一年間も悠長に待ってなんていられない。

どうしたら甲斐を引き止めることができるのか。
先輩ではなく恋人として、だ。でなければ何の意味もない。
今夜何ひとつ本当のことを言わないまま、じゃあ、また来年と笑い合い、
手を振り合って別れるなんて、もうできない。
だって、こんなにも好きなのに。
明日にでもまた会いたいのに。

美貴は黙り込んだままの甲斐を恐る恐る振り向いた。
甲斐も問い質すように美貴を見つめ返していた。
きつく眉根を寄せた甲斐は、真意を図りかねているようで、
それでいて、ひどく怒っているような顔にも見えた。美貴には。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

WHAT'S NEW?