向かい風を行く 30

第四章

とはいえ、甲斐は半日以上携帯を一度も見ないこともある。
昨夜は一睡もできないまま、翌朝悶々として仕事場に向かった美貴は、
昼まで待って何も連絡が来なければ、甲斐の自宅に電話しようと思っていた。
それまでするべき仕事に集中しようと腹をくくり、
醤油の仕込み蔵に顔を出した。

「美貴さん、あんた。あの甲斐って子に二股かけられてフラれたことになってますよ?」
大豆を蒸し煮する巨大な機械釜からは白い蒸気が天井までもうもうと上っていた。
その釜の温度管理を担当している従業員は、
首に巻いたタオルで顔の汗を拭き、半笑いになって美貴に言った。
「はあっ?」
美貴は声を上擦らせた。
すると、別の従業員まで屈託のない口調でからかった。
「それ、さっき俺も聞きました。俺が聞いたのは美貴さんが相手の男、
刺した話になってたけど」
あまりに話が荒唐無稽すぎるのは、従業員達も苦笑するしかないようだ。
美貴も次第に馬鹿馬鹿しくなり、怒る気にすらなれずにいた。
 
失笑だけして、蒸し上がった大豆をステンレスの柄杓で機械釜から、
長方形の巨大な木桶に移し替えた。
そのあと他の蔵人と共に木ベラで均して粗熱を取り、
種麹を表面に撒くのだが、
大豆の粒を崩さないよう慎重に作業しながら問いつめる。
どの噂も『甲斐を取り合う三角関係』だというベースの所は変わらない。
そこに妙な違和感を覚えていた。

「……で、皆。その話、誰に聞いた?」
「俺は嫁さん」
「俺は昨日の合コンで」
二人は美貴と一緒に木桶の中の大豆を平らに均しながら、
決まり悪げに打ち明けた。
しかし、今日の朝も顔を合わせた両親は何も言っていなかった。
だから噂は、町内の若い奴らの間でのみ拡散されているらしい。

自分か甲斐が、何か逆恨みでもされたのだろうか。
思い当たる節がないか、思案しかけた時だった。
作業着の尻ポケットに突っ込んだ携帯が着信音を蔵の中に響かせた。
奇声を上げて驚いた美貴に、従業員も渋面を浮かべている。
「どうしたんスか、もう。さっきからー」
「悪い、ちょっと」
美貴は呆れる従業員に断りを入れ、携帯を出しつつ蔵を出た。
だが、甲斐からのラインは、『今、ばたついてるんで』の一行だ。

「てめーっ! ラインできんなら電話できんだろうが!」
と、罵倒しながらその場で電話したものの、
やはり留守電サービスになってしまう。
その時、初めて意図的に避けられているのだと、
美貴は何の脈絡もなく確信した。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から
スポンサーサイト

▲PageTop

向かい風を行く 29

第四章

榊原を師として仰ぐ甲斐のことだ。
他の誰にも言えなくても、榊原になら相談していたかもしれない。
苛立つ自分を落ち着かせるため頭の中でくり返した。
だが、美貴は顔をしかめて黙り込んだ。それぐらい頭では理解できる。
そう考えても不思議ではない。むしろ師弟の絆がそれだけ深いということだ。
甲斐には良いことに違いない。

こんな時、いちばん甲斐の近くにいる人が業界では権威があり、
甲斐を守ってくれるなら、ほっとできるはずなのに。
胸には湿りけを帯びた黒い靄が立ち込めるのを感じていた。
甲斐を心配してるのに、つまらない嫉妬にかられる自分に苛立った。
美貴はぎゅっと目を閉じた。
そして自分を戒めるように拳で眉間を叩いたあと、
団員のいる座敷に駆け戻る。

「お前。さっきの話、誰に聞いた?」
慌ただしく自分の荷物をまとめると、
美貴は甲斐の噂をおもしろおかしくしていた輩を問い質した。
「はあっ? 誰って別に。覚えてねえよ」
反射的に否定したこの同期の男は、美貴の醤造所近くの精肉店の後継ぎだ。
男はとぼけてみせたものの、美貴の剣幕に臆したのか、
最後は店頭で売っている惣菜の唐揚げやコロッケを、
買った客から聞いたと白状した。
「知ってる奴か?」
「いや、たぶん初めて来た客。見たことねえのに、いきなり甲斐の話ふってきて。
何か変な女って思ったし」
「女?」
「甲斐と同い年ぐらいの、学生っぽい感じだし。すげえ美人だったから。
一度でも来てたら覚えてるよ。
綺麗だったし、愛想いいし。なんか俺もつい話、合わせちゃったけど」
「わかった。甲斐と同い年ぐらいの女だな」
 
美貴は自分の支払い分を幹事に預けて店を出た。
狭苦しい路地裏の横丁は原色の電光看板で点々と照らされ、
通り過ぎる店からは炭火焼の香ばしい匂いや、
男女入り混じる笑い声が聞こえてきた。
そんな楽しげな酔客の賑わいにまで腹を立て、わき目もふらずに路地を出る。

それでも自宅に着くまでの間、ずっと携帯を眺めていた。
しかし、甲斐からの応答はないままだ。
そのあと十分ほどで帰宅して、甲斐の連絡を待ちながら、ネットでも検索してみたが、
それらしい傷害事件のニュースは何も出てこない。
美貴は風呂にも入らずに、自分の部屋で悶々と連絡を待っていた。
携帯を脇に置いたまま、
ベッドの上で寝ころんだり、胡坐をかいたり、窓の外を見てみたり。
狭い檻に入れられた獣のように部屋の中をうろついた。
気づいた時には日付をまたいでしまったが、
甲斐からは電話もメールもラインも何も来なかった。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

▲PageTop

向かい風を行く 28

第四章

「榊原さんは何も聞いていないんですか?」
『知らないよ! 誰もそんな話してないし』
「甲斐は今日、バイトじゃないんですか?」
とにかく無事かどうかを確かめたい。美貴は声を上擦らせた。
しかし、学校の試験があるからと、当分バイトの予定はないらしい。
それなら甲斐の自宅に電話をすると意気込んだ。

だが、榊原は今は下手に騒がずに静観するよう、穏やかに美貴を諭して言う。
『そういうの。聞き流すぐらいの余裕、見せた方がいい』
のだと。
『大体そんなのないって、絶対に。甲斐みたいに堅い奴がマジで二股とか。
それに、親の立場考えたら、傷害なんて一番ヤバい訳だしさ』
榊原には笑っていなされた。
けれど、こんな悪意にまみれた噂話を甲斐が聞いたらと、
考えるだけで苦しくなる。
今すぐにでも駆けつけて、甲斐の側にいたくなる。
自分がゲイだというだけで、家族まで白い目で見られるのがつらいのだと、
あれほど憂いていたのにと、腹の中が煮え返るようだった。
 
それでも榊原はいきり立つ美貴を宥めるように、声を一段低くした。
『それに、あんまり甲斐の周りがマジ切れすると、
後で甲斐が否定しても、こっちが認めたことになるからさ。
相手にしないのが一番だと思うけど? 甲斐にも俺からそう言っとくから』
榊原は尖った声で告げるなり、珍しくそっけなく、
そして一方的に通話を切り、美貴との応酬を終わらせた。
「榊原さん……?」
美貴は顔から携帯を外しつつ、
もしかしたら榊原は何もかも承知の上で話しているのではないかと直感した。
甲斐が同性愛者だということも。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

▲PageTop

向かい風を行く 27

第四章

しかも噂されるのは美貴の周囲でだけ。
甲斐と同期の藤木に嘲笑混じりに訊ねられ、絶句したのが最初だった。

「ミキさん、知ってました? 甲斐ってマジでホモらしいスよ。
これまであいつに告った女。全部撃沈だったみたいだし。
マジあんんじゃねえのって言う奴とか、いたんスけど」
「……えっ?」
祭りの打ち合せを兼ねた青年団の飲み会で、藤木は勝ち誇ったようにうそぶいた。
瞠目したきり、声も出せずにいる美貴に藤木が更に耳打ちした。
「ミキさん、大丈夫でした? 正直口説かれたりとかあったでしょ?」
含み笑った藤木の目が異様な光を放っていた。
これで、公然と甲斐をいたぶる理由ができたとでもいうように。

「あー、なんか俺もその話聞いた。ホモが二人で甲斐を取り合って。
なんか傷害っぽくなったんだろ?」
美貴の右隣で呑んでいた同期の団員もビールジョッキをあおりつつ、
揶揄するように言い放つ。
「はあ……っ?」
ほぼ満席の居酒屋は学生達のグループやサラリーマンが談笑する声、
注文の品を運ぶ店員の声、威勢のいい板前の声が交差して、
同席する左右の藤木や団員の声さえも、聞き返さないとわからない。
心臓が一気に不穏に打ち乱れ、思考がまともに働かない。

「な、えっ? ……甲斐は? 甲斐は大丈夫だったのか?」
だとしたら噂の発端は、その甲斐を交えた傷害事件だったのか。
美貴は藤木の反対側に向き直り、飛びかかるように問いつめた。
「知るかよ、そんなの。そこまで全部聞かねえし」
美貴と同期の団員は急に怯んで語尾を濁し、鼻白むように美貴を見た。
結局、誰に聞いても詳細まではわからない。
埒が明かず、美貴は舌打ちしながら座を立った。
 
人のいない廊下まで来て甲斐の携帯を鳴らしたが、
何度かけても留守電メッセージに切り替わる。
夜遅くても構わない。すぐにでも電話するよう伝言を残し、
そのまま榊原に電話した。
だが、榊原も、
『なに? それ。誰がそんな馬鹿なこと』
と、驚きの声を上げた。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

▲PageTop

向かい風を行く 26

第三章

ラーメン屋を出てからも、
甲斐に家まで送られながら、二人で競うように話をした。
甲斐は、十歳頃にはゲイの自覚があったと呟いて、明るい月夜を仰ぎ見た。
「僕は普通に結婚できないし、会社員だといろいろ厳しいじゃないですか。
なんで結婚しないんだとか、絶対に言われるし」
だから手に職をつけて、自立しようと思っていること。
それも、できれば地元を離れて開業し、
家族とも距離を置くつもりなのだと聞かされて、美貴は思わず目を剥いた。

「なんでだよ! だって、いい母ちゃんじゃねえかよ。なのに、そんな……」
息子を頼むと言い続けていた切なげな顔が脳裏に浮かび、
思わず声を荒げていた。
だが、祖父の代から国会議員だ。
実兄は父親の秘書になり、祖父の代からの選挙基盤を受け継ぐべく、
着々と準備をすすめている。後援会からの支持も信頼も厚いという。
それは甲斐のあの母親の気取った所がまったく、
それでいて品があって実直そうな人柄からも容易に想像する事ができた。

「あの家の次男は、どこかで美容師やってるぐらいの、
空気みたいな存在になれたら」
と、甲斐は夜空を見上げたまま清々しく微笑んだ。
『理想』の自分を語っていた。
美貴はそこまで考えなくてもいいんじゃないかと思ったが、
今度は口にはしなかった。
 
もしかしたら、同性愛者でなければわからない、
複雑な事情もあるのだろう。
それを思うと、安易に説教してはいけない気がして俯いた。
いつしか足取りも重くなり、
外灯もまばらな裏路地を進む二人には物憂い沈黙が流れていた。
 
甲斐もこんな風にあれこれ懊悩するうちに、無口になっていったのか。
初対面から寡黙だった気難しそうな少年を、
ちらりと横目で窺い見た時、甲斐もつられるように美貴を見た。
「でも、今日はすみませんでした。
なんか、こんな重い話。聞かせちゃって……」
「……えっ?」
眉をひそめて詫びる顔には自責の色が滲んでいた。
だが、美貴はすぐさま否定した。
「別に重いとか思ってねーよ。
俺に話して、お前が少しでも楽になれたらいいんだよ、それで」
むしろ、あるがままの自分にも、どうにもならない偏見にも真正面から向き合って、
自分が自分でいられる道を必死に模索しているのだ。
誰に何を言われても。
何もかも腹の中に収めたまま。
そんな健気な姿にも胸が熱くなっていた。

だから、甲斐の重荷を少しでも分け持てるのなら嬉しいと、
美貴は甲斐の強ばる背中を平手でバンと叩くなり、
そのままスタスタ前に出た。

今夜はなぜか柄にもなくクサイ台詞を垂れ流してしまっている。
自分が自分が気恥ずかしくなり、更に足を速めたが、
すぐに甲斐に追いつかれた。
薄闇の路地に重なる足音。
くすぐったそうに首をすくめた甲斐の軽い足取りが、美貴をいっそう照れさせる。
顔を伏せて歩き続ける二人の影を月明かりが濃く長く伸ばしていた。
 
だが、甲斐は同性愛者だと。
ホモだと吹聴する者が次々出たのはそれからすぐのことだった。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 BL小説

ピクシブでは限りなくBLに寄せていますが、一般小説の歴史ものを書きました。戦国時代、織田信長の桶狭間の戦いは本当に奇襲だったのかが、テーマです。
ピクシブの【サドンデス】のページは→こちらから。
小説投稿サイト【 カクヨム 】でも、
『東京ラプソディ』という、昭和初期のカフェーを舞台にした、レトロなBLを書いています。
東京ラプソディの【 カクヨム 】ページは→ こちら から

▲PageTop

Menu

プロフィール

坂東蚕

Author:坂東蚕
BL小説書き。
小説ディアプラス第27回チャレンジスクール編集部期待作・第1回BL小説大賞編集部期待作受賞。
お仕事ものや、和風、明治大正昭和レトロなBL好き。

坂東蚕の電子書籍


【極道紳士と気まぐれ仔猫】ご購入はこちらから

【恋文代筆承ります】ご購入はこちらから

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事